馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【安田記念】リアルインパクト 本調子を取り戻した今なら勝機は充分

   

 今年の春、日本競馬に明るい話題を届けてくれた競走馬といえばリアルインパクトだろう。

 日本から4頭が挑戦したオーストラリアのザ・チャンピオンシップスThe Championships への遠征。本番への前哨戦であるジョージライダーS(豪G1)で見事勝利し、本番のドンカスターマイル(豪G1)では2着。

 その素晴らしい走りは現地でも賞賛され、日本馬の質の高さをオーストラリアの競馬ファンに改めて知らしめた。本当に素晴らしく見事なオーストラリア遠征だったと思う。

 そのリアルインパクトの帰国初戦、凱旋レースとなるのが今回の安田記念。一時期のスランプを完全に脱した感があるリアルインパクトが、4年前に初G1制覇を成し遂げた縁深いレースでどのようなパフォーマンスを見せるのか?非常に興味深い。

スポンサーリンク

 一週前追い切りではモーリスと併せたリアルインパクト。美浦の南Wコースで先行する形でモーリスをリードし、直線は併せて脚を伸ばす形の追い切りを消化した。

 追い切り自体はモーリスに少し遅れる形となったが、末脚の破壊力ではモーリスの方が上だけにある意味仕方ないだろう。どちらかというとモーリスに併せる形の追い切りだった風に見え、遅れは想定内だったように思えた。

 またこの時点では少々太めだったようにも見えるので、この一追いで絞れ良化してくるだろう。身のこなし自体は良くフォームにブレもないので、身体さえ締まれば充分能力を発揮できる出来で安田記念に出走できそうだ。

 コースの相性に関してはそもそも4年前に同レースを制しているし、他にもNHKマイル3着や毎日王冠2着、富士S2着などから何ら問題はない。先行してジリジリと伸びるタイプだけに、末脚の持久力を要求される東京コースは間違いなく有っている。

 最近乗れている内田騎手とのコンビも好材料だろう。先行した馬を持たせる技術に優れている騎手なので、恐らく手が合うことは間違いない。

 ディープインパクト産駒にしてはパワーも有り、道悪もある程度は問題ないリアルインパクト。好不調の波が非常に激しい馬で、今までは好調を維持できずに浮き沈みの激しい成績となっていたが、7歳になって体調も安定してきた感もあるので、ここは期待できるのではなかろうか。

 今のところそこまで人気しなさそうなので、最終追い切りの動き次第ではリアルインパクトを中心に考えるのも面白いかもしれない。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

去年の毎日杯、ゴール前の攻防
あの評判馬が本来の姿を取り戻した!ここを踏み台に飛躍を狙う素質馬たち ~2015毎日杯追い切り診断~

 昼はオーストラリア、夜はドバイと、本日は世界各国で日本馬の大レース挑戦が行われ …

ちょっとした誤算も有ったようだが・・・。ルージュバックの桜花賞最終追い切りを見て思うこと

【桜花賞】大竹師「ルージュバックのいちファンとして楽しみ」 http:/ …

ウリウリ 極上の切れ味をどう生かすか / スプリンターズS追い切り

 スプリント路線に転向してから安定感を増した感があるウリウリ。  もともと一瞬の …

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …

サトノラーゼンとポルトドートウィユ、ダービー追い切りを終えた京都新聞杯組の可能性

 今年のダービー注目馬の追い切り記事もこれで最後。  この記事では京都新聞杯でワ …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

【ヴィクトリアマイル】ヌーヴォレコルト、単走追い切りで中々の動きを見せる

 もともと追い切りは抜群に動くヌーヴォレコルト。なので今回もある程度冷静に見る必 …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

レッドデイヴィス 7歳になってもまだまだ元気。鳴尾記念で一発狙う

 明日阪神競馬場で行われる鳴尾記念に、レッドデイヴィスが出走する。  以前のブロ …