馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

   

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを見終えた直後の率直な感想だろうか。

スポンサーリンク

 リアルスティールという馬はそのポテンシャルの高さは疑いよう無いものの、反応が繊細で非常に乗り辛い側面を持っていると思っている。

 手脚の長い作りながらも関節の稼動域が狭く、ストライド走法ではなくピッチ走法。

 ゴーサインを出した時の爆発力は紛れもなくGⅠ級だが、一瞬しかその豪脚を使えない。

 それが為に今までも良いところまで来るものの、最後は力尽き惜敗という戦歴が続いてきた訳だが、ムーア騎手はテン乗りにも関わらず同馬の特徴を良く心得ベストのタイミングで抜け出し、最後はしっかりと残して先頭でゴール坂を駆け抜けてみせた。

 世界ナンバーワンジョッキーというものはここまで凄いものなのかと感嘆するしかない。

 これだけの騎手が日本の競馬を評価し、事情が許せば快く騎乗してくれるということは、日本競馬にとって本当に幸せだと言うべきではないだろうか。

 当然のことながら、リアルスティール陣営のここに至るまでの努力も賞賛に値するものだろう。

 同馬の特徴、適性を良く理解し早くからこのレースを目標に設定。しっかりとした計画に基づいて準備を重ねてきた。

 前哨戦の中山記念では3着と敗れたものの、前哨戦はあくまで前哨戦と割り切って敗れた事に気落ちせず、気持ちを切り替えて調整してきた結果が、レース当日の素晴らしい状態へと繋がり、そして最高の結果として返ってきたのは間違いない。

 陣営のブレない信念が、海外G1制覇という最上の結果を引き寄せたといっても良いのではないだろうか。

 万全の準備をしてきた実力馬が世界最高の騎手を配してレースに臨む。こう書けば勝利は必然と思ってしまいがちになるが、それでも勝つ可能性のほうが低いのが競馬。だからこそ勝利には大きな価値がある。

 晴れてG1馬の称号を手に入れたリアルスティール。この勝利をキッカケに更なる飛躍を果たして欲しいものだ。

 - レース回顧, 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

【ダービー回顧】リアルスティール 失望を覚えた1コーナー

4着リアルスティール福永騎手「スタートはいつも通りだったけど1コーナーでハミのか …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …

ディオスコリダーは7着。ドバイWCデー前哨戦マハブ・アルシマール

※ディオスコリダーはゼッケン番号10番  今年のドバイWCデーに行われる諸競走( …

【ヴィクトリアマイル回顧】ストレイトガールがスピード能力の差を見せ付け完勝

 JRA公式ラップ:12.1 – 11.0 – 11.2 …

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …