馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

   

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを見終えた直後の率直な感想だろうか。

スポンサーリンク

 リアルスティールという馬はそのポテンシャルの高さは疑いよう無いものの、反応が繊細で非常に乗り辛い側面を持っていると思っている。

 手脚の長い作りながらも関節の稼動域が狭く、ストライド走法ではなくピッチ走法。

 ゴーサインを出した時の爆発力は紛れもなくGⅠ級だが、一瞬しかその豪脚を使えない。

 それが為に今までも良いところまで来るものの、最後は力尽き惜敗という戦歴が続いてきた訳だが、ムーア騎手はテン乗りにも関わらず同馬の特徴を良く心得ベストのタイミングで抜け出し、最後はしっかりと残して先頭でゴール坂を駆け抜けてみせた。

 世界ナンバーワンジョッキーというものはここまで凄いものなのかと感嘆するしかない。

 これだけの騎手が日本の競馬を評価し、事情が許せば快く騎乗してくれるということは、日本競馬にとって本当に幸せだと言うべきではないだろうか。

 当然のことながら、リアルスティール陣営のここに至るまでの努力も賞賛に値するものだろう。

 同馬の特徴、適性を良く理解し早くからこのレースを目標に設定。しっかりとした計画に基づいて準備を重ねてきた。

 前哨戦の中山記念では3着と敗れたものの、前哨戦はあくまで前哨戦と割り切って敗れた事に気落ちせず、気持ちを切り替えて調整してきた結果が、レース当日の素晴らしい状態へと繋がり、そして最高の結果として返ってきたのは間違いない。

 陣営のブレない信念が、海外G1制覇という最上の結果を引き寄せたといっても良いのではないだろうか。

 万全の準備をしてきた実力馬が世界最高の騎手を配してレースに臨む。こう書けば勝利は必然と思ってしまいがちになるが、それでも勝つ可能性のほうが低いのが競馬。だからこそ勝利には大きな価値がある。

 晴れてG1馬の称号を手に入れたリアルスティール。この勝利をキッカケに更なる飛躍を果たして欲しいものだ。

 - レース回顧, 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【ダービー回顧】ドゥラメンテ その強さは怪物と称するのが相応しい

 JRA公式ラップ:12.7 – 10.9 – 11.8 …

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

【仏オークス】スターオブセヴィルが怒りの連闘でG1制覇

 現地時間の14日、フランス・シャンティイ競馬場で行われた3歳牝馬により芝210 …

ハットトリック産駒がアルゼンチンでG1制覇!南米最強2歳馬へと名乗りをあげる

 地球の裏側から日本の競馬ファンにとって嬉しい報せが届いた。  現地時間の25日 …

【京王杯SC回顧】ヴァンセンヌの成長力が予想以上

 JRA公式ラップ:12.9 – 11.5 – 11.6 …

【ヴィクトリアマイル回顧】レッドリヴェールとヌーヴォレコルト、距離適性の壁に泣く

【今日の1枚】ヴィクトリアマイルはストレイトガール!昨年のこのレースの3着を含め …

シャトーブランシュ 外差し馬場を味方に快勝!この結果にあの「白い暴れん坊」もニンマリ? / マーメイドS回顧

 14日、阪神競馬場で行われた牝馬限定のハンデ重賞「第20回 マーメイドステーク …

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

典ちゃんとクラリティスカイ。 pic.twitter.com/nOSywBscM …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …