馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

   

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを見終えた直後の率直な感想だろうか。

スポンサーリンク

 リアルスティールという馬はそのポテンシャルの高さは疑いよう無いものの、反応が繊細で非常に乗り辛い側面を持っていると思っている。

 手脚の長い作りながらも関節の稼動域が狭く、ストライド走法ではなくピッチ走法。

 ゴーサインを出した時の爆発力は紛れもなくGⅠ級だが、一瞬しかその豪脚を使えない。

 それが為に今までも良いところまで来るものの、最後は力尽き惜敗という戦歴が続いてきた訳だが、ムーア騎手はテン乗りにも関わらず同馬の特徴を良く心得ベストのタイミングで抜け出し、最後はしっかりと残して先頭でゴール坂を駆け抜けてみせた。

 世界ナンバーワンジョッキーというものはここまで凄いものなのかと感嘆するしかない。

 これだけの騎手が日本の競馬を評価し、事情が許せば快く騎乗してくれるということは、日本競馬にとって本当に幸せだと言うべきではないだろうか。

 当然のことながら、リアルスティール陣営のここに至るまでの努力も賞賛に値するものだろう。

 同馬の特徴、適性を良く理解し早くからこのレースを目標に設定。しっかりとした計画に基づいて準備を重ねてきた。

 前哨戦の中山記念では3着と敗れたものの、前哨戦はあくまで前哨戦と割り切って敗れた事に気落ちせず、気持ちを切り替えて調整してきた結果が、レース当日の素晴らしい状態へと繋がり、そして最高の結果として返ってきたのは間違いない。

 陣営のブレない信念が、海外G1制覇という最上の結果を引き寄せたといっても良いのではないだろうか。

 万全の準備をしてきた実力馬が世界最高の騎手を配してレースに臨む。こう書けば勝利は必然と思ってしまいがちになるが、それでも勝つ可能性のほうが低いのが競馬。だからこそ勝利には大きな価値がある。

 晴れてG1馬の称号を手に入れたリアルスティール。この勝利をキッカケに更なる飛躍を果たして欲しいものだ。

 - レース回顧, 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

典ちゃんとクラリティスカイ。 pic.twitter.com/nOSywBscM …

クリスチャン・デムーロ騎手がイタリアダービーを勝利。念願のダービージョッキーとなる

 かつてクリスチャン・デムーロ騎手の兄ミルコは、ネオユニヴァースに騎乗して日本ダ …

ラニは6着と惨敗・・・。ドバイWC前哨戦マクトゥームチャレンジ・ラウンド3

※ラニはゼッケン番号8番  昨年のUAEダービー制覇に引き続き、今年もドバイで大 …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

2着に敗れたリアルスティール
勝負どころでの反応が鈍かった?馬鹿を言うな!リアルスティールの敗因は福永祐一 ~2015スプリングSレース回顧vol.1~

2着リアルスティール福永騎手「届いたと思ったんだけどね。勝負所での反応が鈍かった …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

【仏オークス】スターオブセヴィルが怒りの連闘でG1制覇

 現地時間の14日、フランス・シャンティイ競馬場で行われた3歳牝馬により芝210 …

ソルテ 小回りで長所の機動力が際立つ。秋のJBCでも期待大 / 2016さきたま杯

 いやぁー、ソルテ見事な逃げ切りだった!  JRA所属のG1馬4頭を向こうに回し …