馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

サトノダイヤモンド ダービー馬の資格は十分に有ったが勝利の女神は振り向かず / 2016日本ダービー回顧

   

 皐月賞に続き、またしてもマカヒキの後塵を拝することになったサトノダイヤモンド

 鞍上のクリストフ・ルメール騎手にしてみれば、2頭ともクラシック直前まで主戦として騎乗し、出来れば2頭とも乗りたいところを泣く泣くサトノダイヤモンドを選んだという経緯があるだけに、この結果は相当応えていることだろう。

 マカヒキとサトノダイヤモンド、この2頭の優駿の明暗を分けたのは果たして何だったのであろうか?

スポンサーリンク

 パドックを見た限り、サトノダイヤモンドの仕上がりは皐月賞より良かったと思う。

 ただまだ上昇の余地を残す馬体をしており、完成度という点では掲示板に乗った上位5頭の中でも一番劣っているように見えた。

 それだけに今後の成長度という点では同馬が1番だろう。以前から競走馬としての器はメンバー中1番だと考えていたが、今回の激走でその考えが確信に変わった。

 今回レース中に左後肢の蹄鉄を落鉄していたようだが、この事実が皐月賞、ダービーと惜しいところで戴冠を逃し続けたサトノダイヤモンドとルメール騎手を象徴している気がする。

 別に落鉄が敗因だったというわけではない。ただ大事なところで起こってはならない何かが起こってしまう、ほんの僅か歯車が狂ってしまうという巡り合わせの悪さのようなものが、この春彼らには付き纏っていた。

 サトノダイヤモンドがダービーを逃すことになった決定的な要因は落鉄などではなく、最後の直線で大きく外に寄れたことだろう。

 あれで同馬は外に寄れたことによる距離ロスと、態勢を崩し立て直すために0コンマ何秒かの時間を奪われた。

 またマカヒキはサトノダイヤモンドが外に寄れたことにより、ストライドを全開に伸ばすスペースを得て一気にトップスピードに乗せることが出来た。

 終わって見ればマカヒキとの差は本当に僅か(一説には8センチ差)なものだっただけに、あれが無ければ逆にサトノダイヤモンドが戴冠していた可能性は高いだろう。

 あの時2頭の間には明確な力量差はなかった。勝敗を分けたのはルメール騎手を僅かに上回った川田騎手の執念と、それによる勝運の行き先のみ。

 今回のダービーに関してはサトノダイヤモンドとルメール騎手が責められる点は何一つ無いだろう。

 彼らはダービーを戴冠するに相応しい存在だった。ただほんの僅か、彼らを上回る存在が居たということだけである。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
【天皇賞・春回顧】ゴールドシップの底力を引き出した横山典弘

 正直パドックの気配はイマイチに見えた。  前走後に脚元に不安を発症したこともあ …

【ダービー回顧】リアルスティール 失望を覚えた1コーナー

4着リアルスティール福永騎手「スタートはいつも通りだったけど1コーナーでハミのか …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

必死に粘るキタサンブラック
スプリングSはキタサンブラックが勝利 ~2015スプリングSレース回顧vol.2~

 リアルスティールの敗戦が大きな話題となった今年のスプリングSだが、勝ったキタサ …

怪物相手に不利な条件で3着と健闘!ゴールデンバローズの未来は明るい ~2015UAEダービーレース回顧~

Jockey Christophe Soumillon tries to spo …

ダノンレジェンドの強さとシゲルカガのスピードが印象的だった東京スプリント

【PHOTO】ダノンレジェンド Danon Legend http:// …

【ダービー回顧】ドゥラメンテ その強さは怪物と称するのが相応しい

 JRA公式ラップ:12.7 – 10.9 – 11.8 …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

2015大阪杯@ラキシス
キズナを破ったのはフロックではない!いよいよ本格化した女王ラキシス ~2015大阪杯レース回顧vol.2~

 大阪杯で見せたラキシスの激走には、多くの競馬ファンが驚いたのではなかろうか。 …

ゴールデンバローズの敗因を探る / ユニコーンS回顧

 日本のダートでは3戦無敗。勇躍遠征したドバイのUAEダービーでは各国の強豪に混 …