馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

サトノダイヤモンド ダービー馬の資格は十分に有ったが勝利の女神は振り向かず / 2016日本ダービー回顧

   

 皐月賞に続き、またしてもマカヒキの後塵を拝することになったサトノダイヤモンド

 鞍上のクリストフ・ルメール騎手にしてみれば、2頭ともクラシック直前まで主戦として騎乗し、出来れば2頭とも乗りたいところを泣く泣くサトノダイヤモンドを選んだという経緯があるだけに、この結果は相当応えていることだろう。

 マカヒキとサトノダイヤモンド、この2頭の優駿の明暗を分けたのは果たして何だったのであろうか?

スポンサーリンク

 パドックを見た限り、サトノダイヤモンドの仕上がりは皐月賞より良かったと思う。

 ただまだ上昇の余地を残す馬体をしており、完成度という点では掲示板に乗った上位5頭の中でも一番劣っているように見えた。

 それだけに今後の成長度という点では同馬が1番だろう。以前から競走馬としての器はメンバー中1番だと考えていたが、今回の激走でその考えが確信に変わった。

 今回レース中に左後肢の蹄鉄を落鉄していたようだが、この事実が皐月賞、ダービーと惜しいところで戴冠を逃し続けたサトノダイヤモンドとルメール騎手を象徴している気がする。

 別に落鉄が敗因だったというわけではない。ただ大事なところで起こってはならない何かが起こってしまう、ほんの僅か歯車が狂ってしまうという巡り合わせの悪さのようなものが、この春彼らには付き纏っていた。

 サトノダイヤモンドがダービーを逃すことになった決定的な要因は落鉄などではなく、最後の直線で大きく外に寄れたことだろう。

 あれで同馬は外に寄れたことによる距離ロスと、態勢を崩し立て直すために0コンマ何秒かの時間を奪われた。

 またマカヒキはサトノダイヤモンドが外に寄れたことにより、ストライドを全開に伸ばすスペースを得て一気にトップスピードに乗せることが出来た。

 終わって見ればマカヒキとの差は本当に僅か(一説には8センチ差)なものだっただけに、あれが無ければ逆にサトノダイヤモンドが戴冠していた可能性は高いだろう。

 あの時2頭の間には明確な力量差はなかった。勝敗を分けたのはルメール騎手を僅かに上回った川田騎手の執念と、それによる勝運の行き先のみ。

 今回のダービーに関してはサトノダイヤモンドとルメール騎手が責められる点は何一つ無いだろう。

 彼らはダービーを戴冠するに相応しい存在だった。ただほんの僅か、彼らを上回る存在が居たということだけである。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

ノンコノユメが天を味方につける / 2015JDD回顧

  ◆2015ジャパンダートダービー(Jpn1)ダート2000m◆  降りしきる …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
【天皇賞・春回顧】ゴールドシップの底力を引き出した横山典弘

 正直パドックの気配はイマイチに見えた。  前走後に脚元に不安を発症したこともあ …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

【オークス回顧】ミッキークイーンの強靭な末脚を引き出した「一瞬の遅れ」

 2戦目で初勝利を挙げたのを現地で見ていた時、「これは後々はオープンで勝ち負けす …

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

アラバスター正面図 pic.twitter.com/4IwKFZLdHR &md …

亡き愛娘に捧げる悲願の重賞初制覇。松田大作とタガノアザガルが壮絶な叩き合いを制す ~2015ファルコンSレース回顧~

2015年3月21日(土) 中京11R ファルコンS タガノアザガル(松田騎手) …