馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディーマジェスティ 勝負の明暗を分けた上位2頭との「違い」 / 2016日本ダービー回顧

   

 戦前には熱発した噂が流れるなど、状態不安説が流れたディーマジェスティ

 その噂自体の真偽は定かではないが、確かに抜群の仕上がりだった皐月賞と比べると、今回の仕上がりは悪くはないものの劣っているように見えた。

 微妙に重い脚運び、物足りない身体の張り。それでも他の有力馬の抜群の仕上がりに比べれば・・・というレベルではあったが。前走の仕上がりを知るだけに不満の残る姿だったのが筆者の正直な思いだ。

スポンサーリンク

 レースではスタートの出が多少悪かったディーマジェスティ。それでも戦前の予想よりは動けていて、後方ではなく中団のちょうどサトノダイヤモンドとマカヒキの直後にポジションを取ることが出来た。これは悪くない位置取りだったろう。

 一部では「折角の1枠1番という好枠を生かさず、外に持ち出す競馬をした」ということで、蛯名騎手の騎乗ぶりに不満の声が上がっているようだが、ディーマジェスティという馬の特徴を考えると致し方ないような気がする。

 ディーマジェスティという馬はディープインパクト産駒の割には反応が悪いところがあり、仕掛けてからスピードに乗るまでに時間が掛かるところがある。

 過去に共同通信杯でも追われて追われてようやく反応し、直線しぶとく伸びてきて差し切ったし、皐月賞もレース前半の動きのノンビリさから後方での競馬となったが、予想以上にレースが激流となった為、逆に大外を回って見事な追い込みを決めることが出来た。

 今回想定していたよりも前のポジションが取れたとはいえ、蛯名騎手の頭の中にはディーマジェスティの反応の鈍さは不安材料として間違いなく存在していただろう。

 このような馬が、器用さと瞬時の機動力を要求される最内での競馬に対応できるか?と言われたら、筆者ですら「NO」と応えてしまう。負けることが許されない大一番で、多大なリスクを負う競馬よりも、馬の能力の寄り添うような競馬を選択した蛯名騎手の心情は良く理解できる。

 そして今回のダービーでも、その反応の鈍さが勝負の明暗を分けた。

 個人的には反応が悪いといっても共同通信杯の時よりはだいぶ改善していたように思う。多くの馬たちと比べても今回同じように瞬時に反応できていた。

 しかし上位2頭、マカヒキやサトノダイヤモンドと比べると僅かに劣っていた。勝負どころの4角、彼らと同じタイミングで押し上げを図ったのにも関わらず、少し離されてしまった場面が、今回のダービーにおけるディーマジェスティの最大のターニングポイントだろう。

 最後の直線、猛然と追い込んでくるディーマジェスティ。その末脚は最後まで鈍ることがなかったが、僅かに0コンマ1秒、上位2頭には届かなかった。

 筆者としては皐月賞よりも劣る状態で、しかも上位2頭と比べると適性面で劣ると思われた東京芝2400mで良くここまで走ったと思うのだが、反面もし前走と同じかそれ以上の状態でダービーに臨むことが出来ていれば、もしかしたら反応面でも上位2頭に劣らぬ姿を見せていたかも・・・。

 競馬にタラレバは禁物であることは百も承知である。しかしそう言いたくなるほど、ディーマジェスティの走りは見事であった。

 皐月賞での激走が決してフロックではないことを見事証明したディーマジェスティ。この底知れる可能性を感じさせる優駿の未来が順風満帆であることを期待したい。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【京王杯SC回顧】ヴァンセンヌの成長力が予想以上

 JRA公式ラップ:12.9 – 11.5 – 11.6 …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

ルメール騎手を困らせていたサトノアラジン / エプソムC回顧

【エプソムC】 武豊・エイシンヒカリ8戦7勝で重賞初V!! #k …

エイシンヒカリ 進化した走りで快勝!! / エプソムC回顧

 その個性的な走りと武豊騎手とのコンビから、競馬ファンに「第二のサイレンススズカ …

シャトーブランシュ 外差し馬場を味方に快勝!この結果にあの「白い暴れん坊」もニンマリ? / マーメイドS回顧

 14日、阪神競馬場で行われた牝馬限定のハンデ重賞「第20回 マーメイドステーク …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

デニムアンドルビーをねじ伏せるゴールドシップ
ゴールドシップ完全復活。他馬に格の違いを見せ付ける ~2015阪神大賞典レース回顧vol.1~

【阪神大賞典】ゴールドシップ史上初3連覇!復活に須貝師興奮「声がかれた」|WIN …

【安田記念回顧】モーリス 大一番で見せた新たな姿!夢は海を越える

 スタートしてモーリスが何処にいるか確認した時、思わず目を疑った。過去3戦、全て …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …