馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

サトノダイヤモンド スケールの大きさはトップクラスだが・・・ / 日本ダービー馬体診断

   

 皐月賞で1番人気に支持されるも、直線追い込み勢の強襲にあい3着に敗れたサトノダイヤモンド

 ただ馬体そのものは流石にクラシックで本命視されるだけあって素晴らしいモノを持っている。器というかスケールという点では現3歳世代で1・2を争うものを持っていると言っても過言ではないだろう。

 ディープインパクト産駒にしては大柄の部類で、かつ四肢に伸びがある雄大な馬格を誇るサトノダイヤモンド。こと見栄えという点では父のディープインパクトを優に凌駕していると言っても良いだろう。もっとも父は小柄な馬ではあったが(笑)

 そういう素晴らしい素質を持つ馬だけにここでも当然勝ち負け・・・と言いたいのだが、正直その仕上がりというか成長度に現状少し不満が残る。

 トラック調教をメインにする池江厩舎で最近良く感じることなのだが、正直他の有力馬に比べて現時点での完成度が劣っているのだ。具体的に言うと筋肉の発達が少し弱い。

 ディープインパクト産駒らしい非常に柔らかい伸びのある筋肉を身に付けているサトノダイヤモンド。こういう筋肉は弾力に富み高いスピードを生み出すが、反面瞬間的なパワーという面では劣る。

 もっと具体的に言えばサトノダイヤモンドという馬はトップスピードと末脚の持続力に関してはメンバー中屈指の存在だと思うが、瞬間的なギアチェンジの上手さ、加速力では他の有力馬の方が上だと思うのだ。

 これが1頭で2400mを自分のペースで走り切るイムトライアル的なものならば、現時点でもサトノダイヤモンドはメンバー中1~2の数字を叩き出すだろう。

 ただレースはタイムトライアルのように自分のペースでは走れない。他馬の生み出す流れの中で瞬時に加減速し、自分のレースを作り出す強さが求められる。

 そういった点で馬体的完成度の低いサトノダイヤモンドは不利だと思うのだ。特にこれだけ上位陣の力が拮抗したレースだけに。

 もちろん適性という点ではこの時期の東京芝2400mは雄大な馬格を誇るサトノダイヤモンドにとってピッタリなレースだと思う。もし完成度が他馬と同じぐらい高かったら、断然の本命となっていてもおかしくないぐらいだ。

 果たして素質が完成度を凌駕するのか。もしここで戴冠を成し遂げたら、今後大きく化ける可能性を秘めている馬だけにその走りに注目したい。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

マカヒキ 大幅な上積みこそ無いが確実に良化 / 日本ダービー馬体診断

#マカヒキ #Makahiki #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #keiba …

【安田記念馬体診断】モーリス 器と雰囲気はトップクラス

【安田記念】馬体FOCUS モーリス Maurice 馬体解説・ …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

ヴァンキッシュラン その勢いと風格は四強に勝るとも劣らず / 日本ダービー

#ヴァンキッシュラン #VanquishRun #日本ダービー #東京優駿 #競 …

ディーマジェスティ 仕上がりに一抹の不安 / 日本ダービー馬体診断

#ディーマジェスティ #DeeMajesty #日本ダービー #東京優駿 #競馬 …

【ダービー馬体診断】サトノクラウン 極上の馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS サトノクラウン Satono Crown …

【安田記念馬体診断】ヴァンセンヌ 時計の掛かる馬場なら一気に浮上

【安田記念】馬体FOCUS ヴァンセンヌ Vincennes 馬 …

2014皐月賞@イスラボニータ
イスラボニータ 立て直しは成功。春とは状態の差は歴然 / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】イスラボニータ Isla Bonita 馬体解説・比較 …

ヴァンセンヌ 良血開花。ここは今後の可能性を探る一戦 / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】ヴァンセンヌ Vincennes 馬体解説・比較写真は …