馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ラニは6着と惨敗・・・。ドバイWC前哨戦マクトゥームチャレンジ・ラウンド3

   

※ラニはゼッケン番号8番

 昨年のUAEダービー制覇に引き続き、今年もドバイで大仕事を期待されるラニが4日、ドバイWCデー最後の前哨戦となるスーパーサタデー開催・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(首G1・ダート2000m)に登場。

 ここはG1と言っても実績的にこれといった馬はおらず、昨年UAEダービー勝ちがあり、ベルモントS3着という実績を持つラニが実績上では格上とも言える存在だったので、休み明けでもある程度格好は付けられるのではないかと思ったのだが・・・。

 結果はスタートから馬群に付いていけずにムーア騎手が終始追いっぱなし。最後もばてた馬を2頭交わしただけの6着と、惨敗と言って良い結果になってしまった。

スポンサーリンク

 正直このメンバー相手にこの結果だと厳しい。ラニに6馬身半先着した韓国のトリプルナインなんて、去年地元でクリソライトとクリノスターオーに10馬身以上の差を付けられている馬だからね(苦笑)

 スタートで出負けして途中からビシビシ追われて上がって行くのはデビュー当時からのラニのスタイルだが、昨年のアメリカ遠征から帰国してからは追われても上がって行けなくなってしまった。

 最初は出来が上がってきていないせいかと思っていたけど、ここまで続くとラニには既に競走意欲が欠けてしまった、サボることを覚えてしまったのはないかという疑いも出てきてしまう。じゃないといくらなんでもここまで大敗はしないと思うのだが・・・。

 いずれにしてもこのままでは既に選出されているゴドルフィンマイル(首G2・ダート1600m)、そして選出を待つドバイWC(首G1・ダート2000m)での好走は難しいだろう。ラニの心境に余程の激変が無い限りね。

 一縷の望みを賭けるのなら、芝3200mで行われるドバイゴールドカップ(首G2)に出走すると良いかもしれない。こちらなら道中のペースもがくんと落ちるので、ラニも馬群に取り付いて競馬出来るだろう。周りに馬が居れば、ラニの闘志に火が付くかもしれないしね。

 いずれにしても去年日本の競馬ファンをあれだけ沸かせてくれた馬だけに、このまま沈んでしまうのは忍びない。今回の遠征で何とか復活の糸口を見つけて欲しいと願うばかりだ。

▼2017マクトゥームチャレンジ・ラウンド3の出走表はこちら
▼マクトゥームチャレンジ・ラウンド3の結果はこちら

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

トレヴ 凱旋門賞3連覇を目指し29日に今季初戦を迎える

 ▼コリーダ賞(仏G2)の出馬表 - Racing Post.com  史上初の …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

アメリカンファラオを種牡馬としてクールモアが購入。購入金額は3冠達成で約60億円に

 圧倒的な強さでケンタッキーダービーとプリークネスステークスの2冠を制し、いま世 …

ゴールデンホーン 天才騎手に導かれ名牝の夢を打ち砕く / 凱旋門賞回顧

 フランキー・デットーリといえば日本の競馬ファンにも良く知られた天才騎手である。 …

日本に希望をもたらしたヴィクトワールピサ
ドバイワールドカップの公式プロモーション動画

 いよいよ今週土曜日に迫ったドバイワールドカップデー。  先日、メインレースであ …

トレヴ G2コリーダ賞を圧勝!凱旋門賞3連覇に向け好発進

 ▼2015コリーダ賞の全着順はこちら  いまだかつて達成した馬どころか、挑戦し …

クリスチャン・デムーロ騎手がイタリアダービーを勝利。念願のダービージョッキーとなる

 かつてクリスチャン・デムーロ騎手の兄ミルコは、ネオユニヴァースに騎乗して日本ダ …

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …