馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

   

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム

 ディープインパクト産駒の良血馬としてクラシック路線での活躍が期待され、デビューから3連勝できさらぎ賞(G3)を制するなど一定の活躍は見せるもG1となると手が届かず、もどかしいところを見せていたトーセンスターダム

 その後2015年のオーストラリア遠征で良績を残したことを評価されたのか、昨年現地の馬主へとトレードされオーストラリアで現役生活を続行していた同馬だが、怪我や疾病などで順調に調整が進んでいないことは風の便りに聞いていた。

 そんな苦労を重ねていたトーセンスターダムが、今回昨年9月の移籍初戦から約半年振りのレースとなる「Italktravel Futurity Stakes(豪G1)」で復帰。

 日本でもお馴染みのコーフィールド競馬場の芝1400mで行われた一戦で、道中4番手追走から直線半ばで先頭に踊り出ると、後ろから迫ってきたBlack Heart Bartと叩き合いとなり、僅かにハナ差交わされて惜しい2着となった。

 勝ったBlack Heart BartはここまでG1・4勝の実力馬でこのレース堂々の1番人気。かたやトーセンスターダムはここは伏兵扱いという評価だったし、日本在籍時のイメージからは流石に1400mは若干短い印象を受けるので、このハナ差の2着は大健闘と言って良いのでは?

 今後は徐々に距離を伸ばしていくだろうし、これが良いキッカケとなり順調に調整できるようになれば近いうちに吉報を聞くことも期待できそう。

 元々オーストラリアでの種牡馬入りも期待されての移籍と聞いているし、日本ではイマイチ開花仕切れなかった大輪の華が、オーストラリアで見事花開くよう期待したい。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …

エスメラルディーナが韓国G3トゥクソムカップを圧勝

 ▼2015トゥクソムカップ(韓国G3)の公式結果は、こちらのページから『Seo …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首G …

【クリスフライヤースプリント】エアロヴェロシティが遊びながら走って完勝

 ▼クリスフライヤー国際スプリントの全着順はこちら  エアロヴェロシティの強さば …

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

エスメラルディーナとローブデソワが韓国G3トゥクソムカップに出走。背景にはノーザンファームの韓国戦略が!?

NAR広報スタッフ、ソウルより帰国しました。 ただいま写真を整理中。。& …