馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

   

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム

 ディープインパクト産駒の良血馬としてクラシック路線での活躍が期待され、デビューから3連勝できさらぎ賞(G3)を制するなど一定の活躍は見せるもG1となると手が届かず、もどかしいところを見せていたトーセンスターダム

 その後2015年のオーストラリア遠征で良績を残したことを評価されたのか、昨年現地の馬主へとトレードされオーストラリアで現役生活を続行していた同馬だが、怪我や疾病などで順調に調整が進んでいないことは風の便りに聞いていた。

 そんな苦労を重ねていたトーセンスターダムが、今回昨年9月の移籍初戦から約半年振りのレースとなる「Italktravel Futurity Stakes(豪G1)」で復帰。

 日本でもお馴染みのコーフィールド競馬場の芝1400mで行われた一戦で、道中4番手追走から直線半ばで先頭に踊り出ると、後ろから迫ってきたBlack Heart Bartと叩き合いとなり、僅かにハナ差交わされて惜しい2着となった。

 勝ったBlack Heart BartはここまでG1・4勝の実力馬でこのレース堂々の1番人気。かたやトーセンスターダムはここは伏兵扱いという評価だったし、日本在籍時のイメージからは流石に1400mは若干短い印象を受けるので、このハナ差の2着は大健闘と言って良いのでは?

 今後は徐々に距離を伸ばしていくだろうし、これが良いキッカケとなり順調に調整できるようになれば近いうちに吉報を聞くことも期待できそう。

 元々オーストラリアでの種牡馬入りも期待されての移籍と聞いているし、日本ではイマイチ開花仕切れなかった大輪の華が、オーストラリアで見事花開くよう期待したい。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

ゴールデンホーン 天才騎手に導かれ名牝の夢を打ち砕く / 凱旋門賞回顧

 フランキー・デットーリといえば日本の競馬ファンにも良く知られた天才騎手である。 …

アメリカンファラオを種牡馬としてクールモアが購入。購入金額は3冠達成で約60億円に

 圧倒的な強さでケンタッキーダービーとプリークネスステークスの2冠を制し、いま世 …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

【英オークス】クオリファイ しんがり人気馬が激走、大波乱を呼ぶ

 ▼2015英オークスの出走馬全着順はこちら  現地時間の5日、イギリスはロンド …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

エイシンエルヴィンが大金星!エイシン軍団がフランスの地で2日続けての快挙達成

 正直なところ、まさかエイシンエルヴィンまで勝つとは思っていなかった(苦笑)   …

【仏オークス】スターオブセヴィルが怒りの連闘でG1制覇

 現地時間の14日、フランス・シャンティイ競馬場で行われた3歳牝馬により芝210 …

ダビルシムが来年からフランスで種牡馬生活を送ることに ハットトリックの息子で2011年フランス年度代表馬

 ▼Dabirsim 2016 im Haras Du Grandcamp - …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …