馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディオスコリダーは7着。ドバイWCデー前哨戦マハブ・アルシマール

   

※ディオスコリダーはゼッケン番号10番

 今年のドバイWCデーに行われる諸競走(現状ではゴールデンシャヒーン若しくはUAEダービー)出走を目標に、ラニに帯同する形でドバイに旅立った3歳馬ディオスコリダー

 その同馬がドバイWCデー最後の前哨戦とも言えるスーパーサタデー開催の2R、マハブ・アルシマール(首G3・ダート1200m)に登場した。

スポンサーリンク

 ここは3歳と古馬の混合戦で、古馬は59.5キロ、3歳馬は54キロでの出走となる。一見4.5キロの斤量差がある為3歳馬でもやれそうな感じを受けてしまいがちだが、ゴールデンシャヒーン(首G1・ダート1200m)最後の前哨戦ということで、かなり骨っぽい相手が集まる結果となってしまった。

 実績1番手は昨年のゴールデンシャヒーン勝ち馬のムアラーヴ。そしてそのムアラーブを前走アルシンダガスプリント(首G3)で破ったクールカウボーイ。

 そして近走はパットしないものの、アメリカでG1・2勝を誇るワイルドデュード。昨年のゴールデンシャヒーン3着馬のモラウィジ。香港でスプリント重賞勝ちのあるダンドネル等々、「さすがに荷が重過ぎないか・・・?」と思わずにはいられない強敵が顔を揃えた。

 万全の状態でもこの面子だと厳しい戦いを強いられそうなのに、パドックに現れたディオスコリダーは初めての環境に戸惑ったのか、かなり入れ込んだ状態。目も血走っていて返し馬でも制御が利かない状態で、「これはアカン・・・」と思わず溜息が出てしまった。

 そんな状態で出走したマハブ・アルシマール。さあどうなることかと思っていたが、思った以上に健闘したのではないだろうか。

 ゲートをマズマズの出で飛び出した後、世界一線級とも言える強豪古馬勢相手に互角の出足を見せていたのには驚いた。

 さすがにレース前に消耗したせいもあり4角では苦しくなってしまい後退して行ったが、それでも同じような位置で競り合っていたハイオンライフには競り勝っており、最後7着で入線。

 万全の状態ではない3歳馬でこれだけやれれば十分だろう。今回戦った面子はそのまま本番でも人気になる相手だけに、良い経験になったのではないだろうか。

 今後はゴールデンシャヒーンに向かうのかUAEダービーに向かうのかは現時点で定かではないが、いずれにしても環境に慣れた次走はもっとやれると思うだけに期待したい。

▼マハブ・アルシマールの出走表はこちら

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

その走りに賞賛の拍手を!日本競馬の今後に多大な功績をもたらしたリアルインパクト ~2015ドンカスターマイルレース回顧~

【PHOTO】リアルインパクト Real Impact http://t …

日本に希望をもたらしたヴィクトワールピサ
ドバイワールドカップの公式プロモーション動画

 いよいよ今週土曜日に迫ったドバイワールドカップデー。  先日、メインレースであ …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

エイシンエルヴィンが大金星!エイシン軍団がフランスの地で2日続けての快挙達成

 正直なところ、まさかエイシンエルヴィンまで勝つとは思っていなかった(苦笑)   …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

【プリークネスS】アメリカンファラオが後続をブッチギリ圧勝!37年ぶりの3冠達成に王手

 いやはや・・・、強いねこれは(苦笑)  ケンタッキーダービー(米G1)を完勝し …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …