馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディオスコリダーは7着。ドバイWCデー前哨戦マハブ・アルシマール

   

※ディオスコリダーはゼッケン番号10番

 今年のドバイWCデーに行われる諸競走(現状ではゴールデンシャヒーン若しくはUAEダービー)出走を目標に、ラニに帯同する形でドバイに旅立った3歳馬ディオスコリダー

 その同馬がドバイWCデー最後の前哨戦とも言えるスーパーサタデー開催の2R、マハブ・アルシマール(首G3・ダート1200m)に登場した。

スポンサーリンク

 ここは3歳と古馬の混合戦で、古馬は59.5キロ、3歳馬は54キロでの出走となる。一見4.5キロの斤量差がある為3歳馬でもやれそうな感じを受けてしまいがちだが、ゴールデンシャヒーン(首G1・ダート1200m)最後の前哨戦ということで、かなり骨っぽい相手が集まる結果となってしまった。

 実績1番手は昨年のゴールデンシャヒーン勝ち馬のムアラーヴ。そしてそのムアラーブを前走アルシンダガスプリント(首G3)で破ったクールカウボーイ。

 そして近走はパットしないものの、アメリカでG1・2勝を誇るワイルドデュード。昨年のゴールデンシャヒーン3着馬のモラウィジ。香港でスプリント重賞勝ちのあるダンドネル等々、「さすがに荷が重過ぎないか・・・?」と思わずにはいられない強敵が顔を揃えた。

 万全の状態でもこの面子だと厳しい戦いを強いられそうなのに、パドックに現れたディオスコリダーは初めての環境に戸惑ったのか、かなり入れ込んだ状態。目も血走っていて返し馬でも制御が利かない状態で、「これはアカン・・・」と思わず溜息が出てしまった。

 そんな状態で出走したマハブ・アルシマール。さあどうなることかと思っていたが、思った以上に健闘したのではないだろうか。

 ゲートをマズマズの出で飛び出した後、世界一線級とも言える強豪古馬勢相手に互角の出足を見せていたのには驚いた。

 さすがにレース前に消耗したせいもあり4角では苦しくなってしまい後退して行ったが、それでも同じような位置で競り合っていたハイオンライフには競り勝っており、最後7着で入線。

 万全の状態ではない3歳馬でこれだけやれれば十分だろう。今回戦った面子はそのまま本番でも人気になる相手だけに、良い経験になったのではないだろうか。

 今後はゴールデンシャヒーンに向かうのかUAEダービーに向かうのかは現時点で定かではないが、いずれにしても環境に慣れた次走はもっとやれると思うだけに期待したい。

▼マハブ・アルシマールの出走表はこちら

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【英オークス】クオリファイ しんがり人気馬が激走、大波乱を呼ぶ

 ▼2015英オークスの出走馬全着順はこちら  現地時間の5日、イギリスはロンド …

アメリカンファラオ ベルモントS一週前追い切りで好調をアピール

 今年こそ3冠達成の瞬間はやってくるのか・・・。  現地時間の6月6日、アメリカ …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

グレンイーグルスが愛2000ギニーを快勝!馬主は英ダービー参戦の可能性も示唆

 ▼愛2000ギニーの出走馬全着順はこちら  磐石の勝利とはこのようなモノを言う …

フリーイーグル 未完の大器が遂にビッグタイトルを獲得 / プリンスオブウェールズS

 「凄い馬だと、ダービーを勝てた馬だと2年間言い続けてきた」  「その言葉が正し …

ドイツのブチコことシルヴァリームーンが快挙達成

 ブチ柄のアイドルといえば日本ではブチコが有名だが、実はドイツにもブチコに勝ると …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …