馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

      2015/03/24

カリフォルニアクローム@ドバイWC追い切り

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首GⅠ、以下ドバイWCと表記)。

 今年から舞台がダートへと再変更されたことで、ダートの本場アメリカから何頭かのトップホースの出走が期待されているが、その中で最大のビッグネームと言えば、昨年のアメリカ2冠馬カリフォルニアクロームだろう。

 日本でも自身の活躍やネーザルストリップにまつわる騒動などで、その名を良く知られているカリフォルニアクローム。その同馬がこの度ドバイWCのアメリカ国内最終追い切りを実施したということなので、その動画を紹介しようと思う。

スポンサーリンク



実戦並みの猛時計を記録

 本拠地であるロスアラミトス競馬場で最終追い切りを行ったカリフォルニアクローム。

 女性の調教助手を背に7ハロンから長めの追い切りを開始。日本と違い実戦方式で前半からかなり飛ばしていたが、最後まで脚色は乱れず確かなものだった。

 記録した時計は7ハロントータルで1分23秒80。実戦並みの猛時計で、現地でも「素晴らしい動きだ!」と絶賛されているらしい。

 おそらく追っていれば(オーバーワークになるのでやらないだろうが)更に時計は詰まったものと思われ、これだけの猛時計を叩き出せるなら初の海外遠征を直前に控え、カリフォルニアクロームの体調は万全と言えるのではないだろうか。

 日本のエピファネイアも国内最終追い切りで抜群の動きを見せていたようだが、海外のライバルたちもやはりビッグタイトル獲得に向け、抜かりの無い調整を続けている。

 世界中から中東ドバイの地に集まった精鋭たちが、果たしてどのような走りを見せるのか?今から3月28日が本当に楽しみだ。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

日本に希望をもたらしたヴィクトワールピサ
ドバイワールドカップの公式プロモーション動画

 いよいよ今週土曜日に迫ったドバイワールドカップデー。  先日、メインレースであ …

エスメラルディーナが韓国G3トゥクソムカップを圧勝

 ▼2015トゥクソムカップ(韓国G3)の公式結果は、こちらのページから『Seo …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

アメリカンファラオの敗因を考える / 2015トラヴァーズS回顧

 『3冠馬アメリカンファラオが負けた!?』。  トラヴァーズS(米G1)が行われ …

ダビルシムが来年からフランスで種牡馬生活を送ることに ハットトリックの息子で2011年フランス年度代表馬

 ▼Dabirsim 2016 im Haras Du Grandcamp - …