馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

      2015/03/24

カリフォルニアクローム@ドバイWC追い切り

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首GⅠ、以下ドバイWCと表記)。

 今年から舞台がダートへと再変更されたことで、ダートの本場アメリカから何頭かのトップホースの出走が期待されているが、その中で最大のビッグネームと言えば、昨年のアメリカ2冠馬カリフォルニアクロームだろう。

 日本でも自身の活躍やネーザルストリップにまつわる騒動などで、その名を良く知られているカリフォルニアクローム。その同馬がこの度ドバイWCのアメリカ国内最終追い切りを実施したということなので、その動画を紹介しようと思う。

スポンサーリンク



実戦並みの猛時計を記録

 本拠地であるロスアラミトス競馬場で最終追い切りを行ったカリフォルニアクローム。

 女性の調教助手を背に7ハロンから長めの追い切りを開始。日本と違い実戦方式で前半からかなり飛ばしていたが、最後まで脚色は乱れず確かなものだった。

 記録した時計は7ハロントータルで1分23秒80。実戦並みの猛時計で、現地でも「素晴らしい動きだ!」と絶賛されているらしい。

 おそらく追っていれば(オーバーワークになるのでやらないだろうが)更に時計は詰まったものと思われ、これだけの猛時計を叩き出せるなら初の海外遠征を直前に控え、カリフォルニアクロームの体調は万全と言えるのではないだろうか。

 日本のエピファネイアも国内最終追い切りで抜群の動きを見せていたようだが、海外のライバルたちもやはりビッグタイトル獲得に向け、抜かりの無い調整を続けている。

 世界中から中東ドバイの地に集まった精鋭たちが、果たしてどのような走りを見せるのか?今から3月28日が本当に楽しみだ。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

【プリークネスS】アメリカンファラオが後続をブッチギリ圧勝!37年ぶりの3冠達成に王手

 いやはや・・・、強いねこれは(苦笑)  ケンタッキーダービー(米G1)を完勝し …

怪物相手に不利な条件で3着と健闘!ゴールデンバローズの未来は明るい ~2015UAEダービーレース回顧~

Jockey Christophe Soumillon tries to spo …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …