馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

   

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。

 イギリスで行われたアマチュア騎手による障害レース。最終障害の飛越を終えて、あとはゴールまで駆け抜けるだけとなった段階で、先頭を行くDeshan が大きく左にヨレてしまう。

 そのヨレた先にあるのはラチというか塀そのもの。このままでは激突する危ない!と思った瞬間、騎乗していたブラッドリーギブス騎手は咄嗟に左足の鐙を抜き、身体を馬の右側へ。

 素晴らしい反射神経と回避動作で最悪の事態を回避すると、態勢を立て直しその間に交わされて先頭に立ったBlackdown Hills 目掛けて追撃を開始。

 最後は両足とも鐙を履かず、腿で鞍を挟み込む苦しい姿勢ながらも猛然と追い込み2着でゴール板を通過。あわや差し返すかという勢いで、あともう少しと残念な形ではあったが、あれだけの不利に見舞われてもレースを諦めない根性と技術には心底驚かされた。

スポンサーリンク

 このブラッドリーギブスという騎手、これだけの技術を持っているのにアマチュアだというのだから、欧州の騎手の層は本当に厚い。

 フランスなどは一説によるとプロ騎手だけでも数千人いるといわれ、アマチュアを含めれば万を超える人間がレースで騎乗しているという。

 それだけの人数の中から勝ちあがってきた人間がトップ騎手として大レースで活躍し、日本などに短期免許で来日するのだから、それは日本人騎手では太刀打ちできないのも当たり前だと思う。そこに至るまでに勝ち抜いてきた経験、レベルが違うのだから。

 どんなスポーツでもそうだが、基本競技人口とレベルは比例する。日本の何十倍もの競技人口を誇る国の騎手が、日本人騎手よりもレベルが高いのは必然だろう。日本が本当に騎手のレベルを上げたいのならば、プロ・アマチュアを含め騎手の数を増やさなければ駄目だ。

 JRAの取る少数精鋭主義のエリート教育は、ある一定のレベルに到達させる為には効率的な手法だと思う。ただそこから更に上を目指す為には、その少数精鋭主義が足枷となっている。大人数の中での競争、切磋琢磨が生じないのだから当然だ。

 そろそろJRAの競馬学校方式も転換期を迎えたのではなかろうか。奇しくも外国人騎手の受け入れ態勢も整った現在、改革に打って出る環境は整ったと思う。

 まずはJRA騎手と地方騎手との騎手免許統一化から始めるべきだろう。そしてJRAでは地方・中央問わず優れた実績を持つ騎手が騎乗できるようにし、実績の足らない騎手は地方に飛ばされるという形を作るべきだと思う。

 イメージとしてはサッカーJリーグのピラミッド方式が近いだろうか。JRAをピラミッドの頂点とし、その下に地方競馬場を再編し幾つかのカテゴリーを設置。その各カテゴリーの中で優れた実績を残した騎手が、上のカテゴリーに上っていくという形を作るのが一番わかりやすいと思う。

 もちろん一旦上のカテゴリーに到達したとしても、そこで優れた実績を残せなかった騎手は下のカテゴリーに落とされることになる。こういう仕組みを作れば俗に言う「無気力騎乗」や「油断騎乗」なども減少するのではなかろうか。

 今回の動画は単純に凄いと思うと同時に、欧州の騎手の層の厚さを再確認させてくれた。

 外国人騎手によるレベルの高い競馬も悪くは無いが、やはり日本の競馬では日本人騎手が活躍して欲しいというのが、多くの競馬ファンの本音だろう。ただそれは実力に裏付けされたものでなければならない。

 昨今は騎手に対して色々と批判が上がることが多い時代となったが、それも大体は騎手側の要因によるものが殆どだ。この状況が慢性化し競馬ファンが愛想を尽かす前に、何とか良い方向に改革が進まないものかと思っている。

 - 海外競馬, 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ春の天皇賞回避へ 須貝師「おそらく使いません」

 先日行われた阪神大賞典で3連覇を達成したゴールドシップ。  その後同馬は放牧に …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

トゥザワールドが屈腱炎を発症、引退の可能性も

 何とも残念なニュースが飛び込んできた。  昨年の皐月賞で2着、日本ダービーで5 …

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

2014富士S@ステファノス
勝算は充分!?ステファノスが香港クイーンエリザベス2世Cの招待を受諾、出走へ

 昨年秋の富士Sを快勝し、今年初戦となった中山記念でも強豪相手に3着に健闘するな …

エイブルフレンドがチェアマンズトロフィーを圧勝。重賞5連勝

 昨年の香港マイル(香GⅠ)を圧勝したエイブルフレンド。  そのエイブルフレンド …

怪物相手に不利な条件で3着と健闘!ゴールデンバローズの未来は明るい ~2015UAEダービーレース回顧~

Jockey Christophe Soumillon tries to spo …

頭を下げるJRA関係者
ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。  真相はピンクブーケに与えられ …