馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディーマジェスティ秋は菊花賞へ。凱旋門賞挑戦は取り止め

   

 皐月賞を圧巻の豪脚で制し、ダービーでも惜しい3着と健闘したディーマジェスティ

 負けて強しの内容だっただけに、秋はどこに向かうのか注目されていたが、このたび同馬を管理する二ノ宮調教師と嶋田オーナーが会談し、結論が出されたようだ。

 ▼ディーマジェスティ、秋は国内専念で菊花賞へ / スポーツ報知

嶋田オーナーは「いつもよりおとなしくて、ダービーの後で少し疲れているように映ったけど、とにかく無事で良かったです。秋は凱旋門賞を使わず、菊花賞を目指すことになりました。2冠を目指してほしい」と話した

 それによると一次登録を行った凱旋門賞へは向かわずに国内専念。秋は菊花賞を第一目標に戦うとのこと。

 個人的にはちょっと残念な決断かな。同じく凱旋門賞挑戦を噂されているダービー馬マカヒキよりも、明らかに欧州、特にシャンティイ競馬場の適性はディーマジェスティの方が上だと思われるだけにね。

 これだけ高いスピードとキレ、パワーを併せ持つディープインパクト産駒はそうそういないだけに、ダービーでは惨敗したものの同じく欧州適性高そうなヴァンキッシュランと共に遠征してくれたら面白そうだったんだけど。

 まあ昨年冬のホープフルSを直前で回避したり、ダービー前には状態不安説が流れたりした馬で、身体がまだまだパンとしていない印象なので、陣営も余計に負担のかかる海外遠征には慎重になるのかもしれない。

 そう考えると今回の決断も尊重しなければならないのかも。何だかんだ言っても凱旋門賞は3歳馬に有利なだけに残念だけどね。

 まずは国内で2冠を目指すことになったディーマジェスティ。秋には更に成長した姿を見せて欲しいものだ。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

妊娠することにより競走能力が向上!?まれに聞く受胎した牝馬が大レースで好走する理由が判明

 まれにお腹に子供を宿したまま大レースを優勝した牝馬の話題が、海の向こうから届く …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

【エピファネイア、左前繫靭帯炎で宝塚記念を回避】 きのう10日(水)の追 …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

フェノーメノ引退、種牡馬入り。その競走生活は同じ名を持つあの世界的サッカー選手と被るものを感じた

 フェノーメノという名前はポルトガル語で「怪物」という意味があるという。  かつ …

エピファネイアと福永祐一騎手が宝塚記念で再コンビを結成

 昨年のジャパンカップ(以下JC)が終了した直後、都内で行われた某クラブのパーテ …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ春の天皇賞回避へ 須貝師「おそらく使いません」

 先日行われた阪神大賞典で3連覇を達成したゴールドシップ。  その後同馬は放牧に …