馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディープジュエリーがオークス回避

      2015/05/11

 スイートピーSで無傷の3連勝を達成したディープジュエリーのオークス回避が、同馬を管理する国枝栄調教師から発表された。

 特に故障等が発生したという訳ではなく、元々間隔を開けて大事に使ってきた馬だけに、万全の体調での出走が難しいであろう中2週での競馬は避けたいという、先を見据えた陣営の判断によるものらしい。

 ここまでの3戦で見せてきたパフォーマンスは素晴らしく、またオークス向きの馬だと思っていただけにこの決断は残念というしかないが、その分秋には更に成長した姿を見せて欲しいものだ。

スポンサーリンク

 ディープジュエリーは父ディープインパクト、母ジュエルオブザナイト、母の父ジャイアンツコーズウェイという血統の北海道安平町、ノーザンファーム生産の牝馬(詳しくはこちら)。

 半姉にアメリカでG1を2勝しているイヴニングジュエルEvening Jewelがいる良血馬で、父ディープインパクトに母父ストームキャット系という配合は数多くの活躍馬を輩出している、ニックスといって良い好配合。

 ディープジュエリーもこの配合の活躍馬らしく馬格に恵まれ、高いトップスピードのパワー、そして息の長い末脚を併せ持つ好素質馬と言えるだろう。

 距離的には中距離を基本路線に、マイルからクラシックディスタンスまで幅広くこなせる馬ではなかろうか。今までのレース振りを見てみても折り合いに難も無い為、騎手にとっては乗りやすいタイプの馬だろう。

 一応中山でも結果を出しているが、基本的には東京のような広いコース向きだと思う。今のところ仕掛けてからちょっとモタつく面が有り、多少ロスがあっても巻き返しが利き易い直線の長いコースの方が合うのではなかろうか。

 それに同馬の最大の武器は、その息の長い末脚だろう。今回のスイートピーSでも上がり33秒8の脚を使っているが、最後の3ハロンを1ハロンずつ観ていくと、11秒1-11秒3-11秒4(※推定)という感じの、失速率の少ないキレイな脚の使い方をしている。

 こういう脚の使い方が出来る馬だけに、3歳牝馬にとってはタフなレースになり易く、最後の1ハロンでかなりの失速が見込めるであろうオークスでは、かなりのチャンスが有るかと思ったのだが・・・。つくづく回避が残念だ。

 秋はローズSから秋華賞という路線を歩む予定とのことだが、ローズSは阪神外回りの1800mで行われるだけに、坂を力強く駆け抜けるパワーを持つディープジュエリーにとっては有利な舞台設定だろう。

 逆に秋華賞は京都内回りの2000mで行われるだけに、機動力勝負になると現状器用さに欠ける同馬にとっては厳しいレースになるかもしれない。

 いずれにしてもG1級の好素材であることは間違いないだけに、ひと夏越してどれ程成長した姿で登場してくるか、それを楽しみにしたいと思う。

無敗馬ディープジュエリー、オークス回避 - 予想王TV

 スイートピーSでデビュー3連勝を飾ったディープジュエリー(美・国枝、牝3)は7日、優先出走権を獲得したオークス(24日、東京、GI、芝2400メートル)を回避することになった。万全の体調で向かうことが難しいため。佐藤助手は「使ってきている馬だし、中2週になるから。まだこれからの馬なので無理をさせず、秋に備えることになりました」と説明。秋はローズS(9月20日、阪神、GII、芝1800メートル)から秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)を目指す。

 - 次代のスター候補生たち, 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

エピファネイアと福永祐一騎手が宝塚記念で再コンビを結成

 昨年のジャパンカップ(以下JC)が終了した直後、都内で行われた某クラブのパーテ …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【速報】リアルインパクト、ワールドエースが出走予定だったドンカスターマイルが中止!月曜日に代替開催の予定

 驚きのニュースが飛び込んできた。  本日、リアルインパクトやワールドエースが出 …

ポルトフォイユ 若さ全開の追い切り

 ポルトフィーノの仔で、今年のクラシック路線で活躍したポルトドートウィユの全弟で …

大物レアリスタがデビュー2連勝。堀調教師は11週連続勝利のJRAタイ記録

 既走馬相手に完勝したデビュー戦も強かったけど、今回のレース振りはそれを上回る強 …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

ホエールキャプチャが引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上 …

桜花賞馬ジュエラーが骨折のため引退

 昨年の桜花賞馬ジュエラーの引退が決まったそうだ。  昨年秋の秋華賞4着のあと、 …