馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

これは楽しみ!エイシンヒカリに武豊

   

 昨年デビュー5連勝を飾るなど、大きな注目を集めたエイシンヒカリ

 残念ながら昨年末のチャレンジCで9着と大敗し、それ以降は休養に入っていた同馬だが、この度復帰戦となる都大路Sで武豊騎手と新コンビを結成することが、管理する坂口調教師から発表された。

スポンサーリンク

これ以上ないパートナー

 ▼昨年デビュー5連勝 エイシンヒカリ新相棒に武豊 - スポニチ

 昨年デビュー5連勝を飾って前走・チャレンジCでも1番人気(9着)に支持されたエイシンヒカリ(牡4=坂口)が武豊と新コンビを組むことが決まった。

 今月3日に放牧から帰厩。飛躍を期す今年の始動戦は都大路S(5月16日、京都)を予定している。坂口師は「帰厩後も順調。元気がいい。レースまでに稽古でジョッキーに乗ってもらうと思う」と語った。

 これは良い人選だと思う。

 前走まで主戦を務めていた岩田康誠騎手も決して悪くは無いのだが、彼は先行馬や差し・追い込み馬では天性の勘を生かして素晴らしい騎乗を連発するものの、唯一逃げだけは苦手としているのか、あまり良い成績を残していない。

 といっても極端に悪い訳ではなく、平均的な数字は残していたと記憶はしているのだが・・・。それでも岩田騎手が今まで残してきた実績からすると、物足りない数字だったことは確かだ。

 その点、武豊騎手は逃げ馬に乗ると素晴らしい成績を残している。逃げた時のペース判断能力はいまだ現役騎手の中でトップと言ってよく、その素晴らしさは近年だとトウケイヘイローで絶妙な逃げを連発していたことでも良く分かるだろう。

 その武豊騎手が跨るのだから、エイシンヒカリにとってこれ以上のパートナーは居ないと思う。

 この新コンビ結成により、同馬は一段上のステージに到達できる可能性も高くなった訳で、今から復帰戦の都大路Sが楽しみでならない。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

妊娠することにより競走能力が向上!?まれに聞く受胎した牝馬が大レースで好走する理由が判明

 まれにお腹に子供を宿したまま大レースを優勝した牝馬の話題が、海の向こうから届く …

ディーマジェスティ秋は菊花賞へ。凱旋門賞挑戦は取り止め

 皐月賞を圧巻の豪脚で制し、ダービーでも惜しい3着と健闘したディーマジェスティ。 …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

ディープジュエリーがオークス回避

 スイートピーSで無傷の3連勝を達成したディープジュエリーのオークス回避が、同馬 …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

スピルバーグとスミヨン騎手が新コンビ結成

 「藤沢和雄調教師とクリストフ・スミヨン騎手がコンビ結成!?」このコンビは今まで …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …