馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

   

 衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 一昨年の菊花賞、昨年のジャパンカップを制し、6月28日に行われる予定のG1宝塚記念に出走する予定だったエピファネイア

 そのエピファネイアが11日、左前脚に繋靭帯炎を発症している疑いが浮上。大事をとって宝塚記念を回避する事が、管理する角居厩舎から発表された。

 間違いなく宝塚記念の主役の1頭となったであろう同馬の回避は、非常に残念でならない。

スポンサーリンク

 管理する角居厩舎の辻野助手によると、昨日の一週前追い切り後に左前脚の繋靭帯に腫れと痛みが出たとのこと。

 繋靭帯とは馬の脚の中にある3本の太い腱の中で、膝下辺りから脚の中心部辺りを走り、繋ぎを通って蹄に到る腱のことを言う(詳しくは下記図を参照)

bowedtendon_img2

 辻野助手のコメントを読むと「無理をせず回避する」となっているし、故障の一報が追い切りよりも一日経った今日発表されたところを見ると、症状としてはそんなに重くないのかも知れない。

 またクラブ側の更新によると「左前脚の繋靭帯周囲に腫れ」となっているので、本当に繋靭帯炎まで進行しているのかも分からない。

 そういう微妙な感じだったので、とりあえず一日様子を見て痛みが引けば使うことも考慮に入れていたのではなかろうか。

 しかし一日経っても思ったよりも腫れも引かず痛みも残っていたので、無理をせずに出走を回避し休ませる事にした、そう言うことなのではなかろうか。というか、そうであって欲しいのではあるが・・・。

 馬の腱に関わる怪我というと屈腱炎が有名だが、繋靭帯炎も程度によっては屈腱炎と同じぐらい厄介だ。再発率も結構高く、この怪我で引退に追い込まれた馬も数多く存在する。

 それだけに怪我の程度が問題なのだが、エピファネイア・ファンの一人としては症状が軽い事を祈るばかりだ。怪我の程度が思ったよりも重い場合、引退という選択肢も有り得るだけに・・・。

 私はもう一度見たいのだ。エピファネイアが昨年のジャパンカップのように競馬場で躍動し、圧倒的な強さで駆け抜けるシーンを。だから是非とも帰ってきて欲しいと願っている。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

頭を下げるJRA関係者
ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。  真相はピンクブーケに与えられ …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ春の天皇賞回避へ 須貝師「おそらく使いません」

 先日行われた阪神大賞典で3連覇を達成したゴールドシップ。  その後同馬は放牧に …

ビワハイジ
ビワハイジが父オルフェーヴルの牝馬を出産。この仔を最後に繁殖引退の予定

GⅠ6勝の名牝ブエナビスタや阪神JFの勝馬ジョワドヴィーヴルの母として知られるビ …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

ホエールキャプチャが引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上 …

桜花賞馬ジュエラーが骨折のため引退

 昨年の桜花賞馬ジュエラーの引退が決まったそうだ。  昨年秋の秋華賞4着のあと、 …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …

ワンアンドオンリーがキングジョージ6世&クイーンエリザベスS遠征を断念。名伯楽の夢潰える・・・

 キズナの凱旋門賞断念の影響が、この馬のローテーションにも大きな影響を与えたよう …

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …