馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

   

 衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 一昨年の菊花賞、昨年のジャパンカップを制し、6月28日に行われる予定のG1宝塚記念に出走する予定だったエピファネイア

 そのエピファネイアが11日、左前脚に繋靭帯炎を発症している疑いが浮上。大事をとって宝塚記念を回避する事が、管理する角居厩舎から発表された。

 間違いなく宝塚記念の主役の1頭となったであろう同馬の回避は、非常に残念でならない。

スポンサーリンク

 管理する角居厩舎の辻野助手によると、昨日の一週前追い切り後に左前脚の繋靭帯に腫れと痛みが出たとのこと。

 繋靭帯とは馬の脚の中にある3本の太い腱の中で、膝下辺りから脚の中心部辺りを走り、繋ぎを通って蹄に到る腱のことを言う(詳しくは下記図を参照)

bowedtendon_img2

 辻野助手のコメントを読むと「無理をせず回避する」となっているし、故障の一報が追い切りよりも一日経った今日発表されたところを見ると、症状としてはそんなに重くないのかも知れない。

 またクラブ側の更新によると「左前脚の繋靭帯周囲に腫れ」となっているので、本当に繋靭帯炎まで進行しているのかも分からない。

 そういう微妙な感じだったので、とりあえず一日様子を見て痛みが引けば使うことも考慮に入れていたのではなかろうか。

 しかし一日経っても思ったよりも腫れも引かず痛みも残っていたので、無理をせずに出走を回避し休ませる事にした、そう言うことなのではなかろうか。というか、そうであって欲しいのではあるが・・・。

 馬の腱に関わる怪我というと屈腱炎が有名だが、繋靭帯炎も程度によっては屈腱炎と同じぐらい厄介だ。再発率も結構高く、この怪我で引退に追い込まれた馬も数多く存在する。

 それだけに怪我の程度が問題なのだが、エピファネイア・ファンの一人としては症状が軽い事を祈るばかりだ。怪我の程度が思ったよりも重い場合、引退という選択肢も有り得るだけに・・・。

 私はもう一度見たいのだ。エピファネイアが昨年のジャパンカップのように競馬場で躍動し、圧倒的な強さで駆け抜けるシーンを。だから是非とも帰ってきて欲しいと願っている。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

フェノーメノ引退、種牡馬入り。その競走生活は同じ名を持つあの世界的サッカー選手と被るものを感じた

 フェノーメノという名前はポルトガル語で「怪物」という意味があるという。  かつ …

ディーマジェスティ秋は菊花賞へ。凱旋門賞挑戦は取り止め

 皐月賞を圧巻の豪脚で制し、ダービーでも惜しい3着と健闘したディーマジェスティ。 …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

2015日本ダービー@ワンアンドオンリー
日本ダービーとは多くの競馬ファン、関係者を酔わせる「極上の美酒」

 今年の日本ダービーも、いよいよ発走まで24時間を切った。  いまパソコンに向か …

これは楽しみ!エイシンヒカリに武豊

エイシンヒカリのアイルランドTの写真めちゃくちゃカッケー(笑) pic.twit …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
予想よりも重傷の可能性も?シャイニングレイが球節を痛め皐月賞を回避

 G2ホープフルSの勝ち馬で、皐月賞の有力候補の1頭であるシャイニングレイ。   …

一緒に放牧されるジェンティルドンナとヴィルシーナ
ジェンティルドンナがキングカメハメハの仔を受胎

投稿 by Northern Horse Park.  昨年の有馬記念を最後に現 …