馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

エルプシャフト、大物感はそれほど感じないが堅実に走ってきそうなタイプ

   

 先頃繁殖引退を表明した名牝ビワハイジの11番目の子供が、このエルプシャフトとなる。

 427キロと牡馬にしては小柄な馬体の持ち主だが、この母の子供は皆それほど大きくない馬が殆どで、また父のディープインパクトも小柄な馬だったのでこんなものなのだろう。

 5月15日が誕生日という遅生まれなので、デビューする頃にはもう少し大きくなっているかもしれない。440キロを超えるぐらいまで増えていれば、一先ず心配は要らないかな。

 馬体は小柄だがバランスは良く、また筋肉もちゃんと付いているので走ってきそうな雰囲気は充分感じさせる。さすがにG1級の器かと問われると「ちょっとどうかな・・・」と思わざるを得ないが、POG期間中に2勝は期待できそうで、上手く行けば半姉のサングレアルや全兄のトーセンレーヴ級の活躍も期待できるのでは。

 所属厩舎が角居勝彦厩舎というのもポイントが高いといえるだろう。角居厩舎ならアクシデントがない限りクラシック路線に乗せてくる可能性は高い。

 馬のタイプ的には芝のマイルから中距離ぐらいが守備範囲で、一瞬の切れで勝負するタイプだろう。パンパンの良馬場でこそのタイプで、道悪は合わない可能性が高い。

 京都だったら内外不問で向きそう。阪神もある程度高速馬場なら問題ないかな。小柄な馬なので、もしかしたら直線の短い内回りの方が機動力を発揮して良い走りを見せるかもしれない。

 馬の可能性的にはドラフト1位というよりも2~3位候補かなという気もするが、血統的にも厩舎的にもまずそこまで残ってることは有り得なそう(苦笑)。堅実に稼ぐタイプだと思われるので、敢えて競合覚悟で1位で獲りに行く選択も有りかも知れないね。

 - 次代のスター候補生たち

        
follow us in feedly

  関連記事

ディープジュエリーがオークス回避

 スイートピーSで無傷の3連勝を達成したディープジュエリーのオークス回避が、同馬 …

プロディガルサンが追い切りで抜群の存在感を示す

 今年の皐月賞2着馬リアルスティールの全弟になる国枝栄厩舎所属のプロディガルサン …

クラウンドジャック 亡き母と新種牡馬の父に捧げる勝利を

 ゴールデンジャックは筆者が競馬を見始めた1994年の牝馬クラシック路線で活躍し …

シンハライト 牧場の評価はG1級!?

【POG・先ドリ写真】 シンハライト シンハリーズの2013&# …

レッドアルヴィスが欅ステークスを圧勝!器の大きさはG1級

 レッドアルヴィスの存在を初めて認識したのは3年前、所属する東京サラブレッドクラ …

プロディガルサン 次代のスター候補がいよいよデビュー / 新馬最終追い切り

 いよいよ土曜日の東京5R、メイクデビュー東京(2歳新馬・芝1600m)でベール …

アドマイヤビスタ 過大評価は禁物。将来的にはダートかも?

 3日の阪神5レース、メイクデビュー阪神芝1800m戦で単勝1.7倍と圧倒的人気 …

プロディガルサンは大物感漂い当然のドラフト1位候補

プロディガルサンに絶賛の声「本当にいい馬」|WIN!競馬 http://t.co …

ポルトフォイユ 若さ全開の追い切り

 ポルトフィーノの仔で、今年のクラシック路線で活躍したポルトドートウィユの全弟で …

ペルソナリテ 将来性は高い

 いよいよ今年も2歳の新馬戦が始まった。これから来年のクラシックに向けて、見逃せ …