馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

欧州マイル路線に新星誕生!グレンイーグルスが英2000ギニーを完勝

      2015/05/21

 2つに分かれた馬群のスタンド側好位5番手辺りにポジションを取ったゼッケン番号9番、青に丸いオレンジの勝負服、オレンジの帽子の馬が1番人気に支持されたグレンイーグルスGleneagles

 残り400mを切った辺りで鞍上のライアン・ムーア騎手がゴーサインを出すと瞬時に反応。馬群から一気に抜け出した瞬発力はまさに超一流馬のそれで、そのまま後続に2馬身1/4差を付けてゴール板を先頭で通過した。

スポンサーリンク

 勝ったグレンイーグルスは父ガリレオGalileo、母ユーアーソースリリングYou’resothrilling、母の父ストームキャットStorm Catという血統のアイルランド産馬(詳しくはこちら)。

 全姉のマーヴェラスMarvellousは昨年の愛1000ギニー馬で、これで姉弟ともに欧州クラシックホースに輝いたことになる。この母の子供で今までデビューした馬はこの2頭だけであり、そう考えると実に素晴らしい能力を持った繁殖牝馬といえよう。

 ちなみに今年の2歳に同じく父ガリレオの全妹がスタンバイしているのだが、その馬名がクールモアCoolmoreというらしい。クールモアとはいわずと知れたオーナーサイドそのものの名であり、これだけでどれだけ期待されているかが窺い知れる。今からデビューが楽しみだ。

 さてグレンイーグルスに話を戻すが、同馬はこれで通算成績が7戦5勝、G1は2勝目となる。2歳時はデビュー戦こそ4着に敗れたものの、その後はG1愛ナショナルSを含めて4連勝。

 その後フランスに遠征して臨んだG1ジャンリュックラガルデール賞は、1着でゴール板を通過するものの進路妨害により3着に降着。実質5連勝でシーズン初戦となる同レースに臨んできていた。

 直前にカラ競馬場で実戦形式の追い切りを消化してきたとはいえ、休み明けで大一番を制したグレンイーグルス。歴代の2000ギニー勝ち馬の中でも強い部類の勝ち方といえ、今後更なる飛躍も見込める楽しみな存在と言えるだろう。

 さて気になる今後についてだが、手綱をとったムーア騎手、同馬を管理するエイダン・オブライエン調教師ともにレース後「マイルがベストな馬」とコメントしており、このレース勝利により前売り1番人気に躍り出たイギリスダービー(英G1)には出走しない可能性が高くなった。

 今後は愛2000ギニー(愛G1)やセントジェームスパレスS(英G1)を目標に調整を重ねられる思われ、今後の動向に注目したいところだ。

2015英2000ギニー全着順 - スポーティングライフ

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【フランス2000ギニー】日本で学んだ逃げ戦法で圧勝!ペリエ騎手がメイクビリーヴをG1馬に導く

 ▼仏2000ギニーの全着順はこちら  現地時間の10日に、フランス・ロンシャン …

ドイツのブチコことシルヴァリームーンが快挙達成

 ブチ柄のアイドルといえば日本ではブチコが有名だが、実はドイツにもブチコに勝ると …

【ベルモントS】アメリカンファラオが3冠達成!アメリカ競馬の歴史が遂に動く

 歴史が・・・遂に動いた!  1978年のアファームド以来、37年間誕生すること …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

ゴールデンホーン 天才騎手に導かれ名牝の夢を打ち砕く / 凱旋門賞回顧

 フランキー・デットーリといえば日本の競馬ファンにも良く知られた天才騎手である。 …

豪州遠征中のトーセンスターダム
ワールドエース、トゥザワールド、トーセンスターダムが追い切りを実施 ~2015ジョージライダーS&ランヴェットS~

 現在オーストラリアに遠征中している池江厩舎のワールドエース、トゥザワールド、ト …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …

アメリカンファラオを種牡馬としてクールモアが購入。購入金額は3冠達成で約60億円に

 圧倒的な強さでケンタッキーダービーとプリークネスステークスの2冠を制し、いま世 …

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …