馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

   

ハープスター@桜花賞

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。

 今日までの日本の競馬史を振り返ってみても、比肩する存在を探すのが困難な程の強烈な末脚を武器に、数々の名勝負を演じ続けてきた名牝ハープスター

 彼女はまだ4歳。2度に渡った海外遠征では苦杯を飲んだものの、その苦い経験を糧にきっと雪辱を晴らす日が来るはず、栄光をその手に掴むはず、そう信じていたのだが・・・。

 残念ながらその夢は二度と叶わぬものとなってしまった。

 先に報道されていた右前脚の繋靱帯炎に加えて、この度精密検査により右前脚の種子骨靱帯炎も併発していることが判明。

 損傷の度合いが酷く復帰に相当な時間が掛かること。そして復帰したとしても以前の走りを取り戻せる可能性が高くないことから現役続行を断念。引退し繁殖牝馬となることが、7日馬主であるキャロットクラブのホームページで発表された。

スポンサーリンク

 ハープスターの出資者が友人にいることもあり、自分にとってはデビュー前からずっと注目していた存在である同馬。

 なので正直全てのレースが印象に残っているのだが、その中でも特に思い入れのあるレースといえば同馬が初めて敗戦を喫した阪神JFと、初のビッグタイトル獲得となった桜花賞の2つのレースが特に印象に残っている。

 ハープスターの競走生活を語る時に、決して欠かすことが出来ない存在がいる。2013年の2歳女王レッドリヴェールだ。

 このライバル2頭が阪神JFと桜花賞で繰り広げた死闘は、近年の日本競馬の中でもトップクラスの激しさだっただろう。

 初対決となった阪神JFではゴール前、勢いではハープスターが完全に勝っていたものの、脅威の勝負根性を見せたレッドリヴェールがゴール板を通過する瞬間、ほんの数センチだけ前に出る執念を見せ激戦を制す。

 そして2度目の対決となった桜花賞では、昨年の雪辱を晴らすとばかりにハープスターが大外からレッドリヴェールを目がけて襲い掛かる。そして激しいデッドヒートの結果、ハープスターが見事クビ差先着しレッドリヴェールに借りを返すと共に、念願のビッグタイトル獲得を実現することとなった。

 近年、これほど痺れたライバルストーリーは正直思い出すことが難しい。それほどライバル2頭の激突は光彩を放っていたし、あの2戦のレース後の高揚感は今でも鮮明に思い出すことが出来るほどだ。

 実はハープスター、レッドリヴェール共に出資している友人が別々に存在しているので、その分余計に思い入れが深い面はあるかも知れない。ただそれを差し引いてもこの2頭の戦いはハイレベル且つ心に響くものだった。そう確信している。

 歴代の名牝に比肩するどころか、その上を行く可能性を感じさせながらも怪我により無念のリタイヤを強いられることとなったハープスター。

 叶うことならばまだまだ彼女の走りを見続けたいというのが筆者の正直な気持ちなのだが、彼女には母親としてその優れた血を後世に継ぐという大事な仕事がある。

 新たに大きな仕事に挑む彼女にとって、このような未練は禁物だろう。ただただ母親としてのハープスターの成功と幸せを祈りたい。

ハープスターが引退 繋靭帯損傷に加え種子骨靭帯炎も併発のため - netkeiba.com

 昨年の桜花賞馬ハープスター(牝4、栗東・松田博資厩舎)が引退することがわかった。7日、キャロットクラブのホームページで発表された。

 同馬は右前の繋靭帯を傷めていることから長期休養が必要と診断されていたが、その後の検査でさらに右前の種子骨靭帯炎も併発していたことが判明し、関係者が協議した結果、復帰は困難と判断された。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ホエールキャプチャが引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上 …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

【エピファネイア、左前繫靭帯炎で宝塚記念を回避】 きのう10日(水)の追 …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

トゥザワールドがザBMWに挑む
並み居る強豪を押しのけ堂々たる1番人気!トゥザワールドが悲願のGⅠタイトルを獲得し飛躍の時を迎える

3/28(土)、豪・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われるThe BMW(GⅠ)( …

ブチコの古馬挑戦の可能性はほぼ消滅。注目の次走は?

ついでなんで、全速力で走るブチコの写真も再掲しておきましょう〜確かに、この毛色の …

頭を下げるJRA関係者
ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。  真相はピンクブーケに与えられ …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …