馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

   

ハープスター@桜花賞

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュースが飛び込んできた。

 お相手は非サンデー系の大御所キングカメハメハで、無事に受胎し来年産駒誕生となれば、早ければ2018年の夏には同馬の産駒がターフを駆けることになる。

 ディープインパクト産駒の牝馬にしては大きめで、筋肉質なお尻の大きな馬体をしていたハープスター。

 そこに同じように筋肉質かつ柔軟な筋肉の持ち主であるキングカメハメハを交配するのだから、生まれてくる仔はさぞかし高いスピードとパワーを併せ持った子供になりそう。

 正直距離には限界がありそうな気がしないでもないが(苦笑)、マイルぐらいの距離で無双するような子供が誕生するんじゃないかな?今からその瞬間が本当に楽しみでならない。

ハープがキンカメと電撃交配、産駒18年デビューも - 日刊スポーツ

右前脚の繋靱帯(じんたい)炎、種子骨靱帯炎のため現役を引退したハープスター(牝4)が10日、キングカメハメハと交配を行ったことが分かった。
 母ヒストリックスターは、2冠馬ベガが残した唯一の牝馬。同馬は、その血を継ぐ貴重な存在でもある。種付けシーズン中ということもあり、引退直後の交配に踏み切った。ノーザンファームの吉田勝己代表は「この牝系だからね」と話す。
 キングカメハメハ産駒は2月1日の京都、東京で計11勝のJRA新記録。桜花賞、皐月賞も勝利するなど、今年は種牡馬リーディングを快走中だ。「サンデー系なら、おのずと相手はこうなる」(同代表)と即決された。後方一気の豪快なスタイルで、ファンを魅了したハープ。無事に受胎、来年誕生となれば、産駒は早ければ18年にデビューを迎える。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

2014ホープフルS@シャイニングレイ
予想よりも重傷の可能性も?シャイニングレイが球節を痛め皐月賞を回避

 G2ホープフルSの勝ち馬で、皐月賞の有力候補の1頭であるシャイニングレイ。   …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ春の天皇賞回避へ 須貝師「おそらく使いません」

 先日行われた阪神大賞典で3連覇を達成したゴールドシップ。  その後同馬は放牧に …

ブチコ 次走はまさかの古馬挑戦!?

ブチコ可愛い(*´∀`)σ pic.twitter.com/8DmP5I7GBZ …

桜花賞馬ジュエラーが骨折のため引退

 昨年の桜花賞馬ジュエラーの引退が決まったそうだ。  昨年秋の秋華賞4着のあと、 …

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

【エピファネイア、左前繫靭帯炎で宝塚記念を回避】 きのう10日(水)の追 …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

トウケイヘイロー引退。種牡馬として父を超える活躍を期待したい

 2013年の札幌記念を5馬身差で圧勝するなど、けれんみの無い逃げで競馬ファンを …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …