馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

   

ハープスター@桜花賞

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュースが飛び込んできた。

 お相手は非サンデー系の大御所キングカメハメハで、無事に受胎し来年産駒誕生となれば、早ければ2018年の夏には同馬の産駒がターフを駆けることになる。

 ディープインパクト産駒の牝馬にしては大きめで、筋肉質なお尻の大きな馬体をしていたハープスター。

 そこに同じように筋肉質かつ柔軟な筋肉の持ち主であるキングカメハメハを交配するのだから、生まれてくる仔はさぞかし高いスピードとパワーを併せ持った子供になりそう。

 正直距離には限界がありそうな気がしないでもないが(苦笑)、マイルぐらいの距離で無双するような子供が誕生するんじゃないかな?今からその瞬間が本当に楽しみでならない。

ハープがキンカメと電撃交配、産駒18年デビューも - 日刊スポーツ

右前脚の繋靱帯(じんたい)炎、種子骨靱帯炎のため現役を引退したハープスター(牝4)が10日、キングカメハメハと交配を行ったことが分かった。
 母ヒストリックスターは、2冠馬ベガが残した唯一の牝馬。同馬は、その血を継ぐ貴重な存在でもある。種付けシーズン中ということもあり、引退直後の交配に踏み切った。ノーザンファームの吉田勝己代表は「この牝系だからね」と話す。
 キングカメハメハ産駒は2月1日の京都、東京で計11勝のJRA新記録。桜花賞、皐月賞も勝利するなど、今年は種牡馬リーディングを快走中だ。「サンデー系なら、おのずと相手はこうなる」(同代表)と即決された。後方一気の豪快なスタイルで、ファンを魅了したハープ。無事に受胎、来年誕生となれば、産駒は早ければ18年にデビューを迎える。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

ウオッカ、欧州生活6年目に突入。彼女は日本に帰ってこないのだろうか・・・

 名牝ウオッカが日本を離れてかなりの月日が経った。  国内でG1・7勝をあげ、あ …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【速報】リアルインパクト、ワールドエースが出走予定だったドンカスターマイルが中止!月曜日に代替開催の予定

 驚きのニュースが飛び込んできた。  本日、リアルインパクトやワールドエースが出 …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

トウケイヘイロー引退。種牡馬として父を超える活躍を期待したい

 2013年の札幌記念を5馬身差で圧勝するなど、けれんみの無い逃げで競馬ファンを …

これは楽しみ!エイシンヒカリに武豊

エイシンヒカリのアイルランドTの写真めちゃくちゃカッケー(笑) pic.twit …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …

トゥザワールドが屈腱炎を発症、引退の可能性も

 何とも残念なニュースが飛び込んできた。  昨年の皐月賞で2着、日本ダービーで5 …