馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ハープスターが繋靱帯炎を発症。症状は重く引退も視野

      2015/05/11

 競走馬の脚元の故障といえば屈腱炎が有名だが、今回ハープスターが発症した繋靱帯炎も中々に厄介だ。

 屈腱炎は簡単に言えば管骨裏側の筋に炎症を起こす故障だが、繋靱帯炎はその更に下、繋ぎの部分に腫れや痛みを発症する。

 どちらも動かす時には必ず負荷が掛かる場所であり、それだけダメージも負い易い。特に繋靭帯炎は癖になり易いので、屈腱炎よりも厄介な故障だという関係者も多いぐらいだ。

スポンサーリンク

 今回ハープスターはその厄介な繋靭帯炎を右前肢に発症してしまった訳だが、その程度は決して軽度ではないという。

 今のところ詳しい休養期間は出ていないのだが、来週後半に牧場・クラブ(馬主)・調教師の3者が集まり今後の対応を協議するとクラブの更新では明記されており、下手すれば年単位の休養が必要なぐらい重傷の可能性がある。

 となると選択肢の中にこのまま「現役引退」という文字が含まれているのは間違いないだろう。大体3者協議が行われる場合、結構な確率で現役を続行するか否かを話し合われると思うので、その可能性は決して低くはないはずだ。

 1ファンとして勝手なことを言わせて貰うのなら、このまま1年かけても治療に専念し、またターフを思う存分に駆けるハープスターを見てみたい気持ちが強い。

 1年休んだとしても来年ハープスターはまだ5歳。年齢的にも充分やれるはずだ。ただでさえ今年はリズムが良くなかったので、ここは一からやり直す期間と前向きに考えることも出来る。

 残念なのは管理する松田博資調教師が来年二月に定年を迎えるため、松田博資厩舎所属のハープスターは見納めになる可能性が高いことか。

 戦法的にも如何にも松田厩舎所属馬らしい存在だったので、他の厩舎での姿がイマイチ想像できないのだけどね(苦笑)

 いずれにしても当代屈指の名牝の将来は、来週決定されることになる。

 現役続行か引退か。関係者の決断を静かに待ちたい。

ハープスターが右前脚の繋靱帯を損傷 長期休養を要する見込み - netkeiba.com

 同馬はドバイ遠征から帰国後、ヴィクトリアマイルに照準を合わせていたが、疲れがみられたために出走を見送った。その後検査が行われたところ、右前の繋靭帯を傷めていることが判明した。症状は軽度のものではなく、長期休養が必要となる可能性が高いと獣医から診断されており、今後について関係者が協議する予定となっている。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

スピルバーグとスミヨン騎手が新コンビ結成

 「藤沢和雄調教師とクリストフ・スミヨン騎手がコンビ結成!?」このコンビは今まで …

競馬ファンなら誰もが心に描いた「夢の第11レース」

 この動画を見終わった時、心に熱いものを感じた。グッと来るものを抑えきれなかった …

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …

乗馬転向は撤回!?ウインバリアシオンが種牡馬入りする予定であることをJRAが発表

 ウインバリアシオンを愛するファンの気持ちが、オーナーサイドに届いたのだろうか? …

ウオッカ、欧州生活6年目に突入。彼女は日本に帰ってこないのだろうか・・・

 名牝ウオッカが日本を離れてかなりの月日が経った。  国内でG1・7勝をあげ、あ …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

エピファネイアと福永祐一騎手が宝塚記念で再コンビを結成

 昨年のジャパンカップ(以下JC)が終了した直後、都内で行われた某クラブのパーテ …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュース …