馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

   

昨年の大阪杯を勝ったキズナ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。

 春の天皇賞で1番人気に支持されるも7着と、デビュー以来初めて掲示板を外す結果に終わったキズナ

 レース後、陣営は一様に「敗因が分からない」とコメントするなど困惑している様子が見て取れる様子だったが、このたび秋に予定していた凱旋門賞に登録せず、フランス遠征を回避することを表明した。

 また併せて宝塚記念も回避し、秋の天皇賞を目標に仕切り直すことも管理する佐々木調教師から発表されたとのことで、一から馬を作り直し秋には本来のキズナを見せたいという陣営の決意が感じられる決断となった。

スポンサーリンク

 個人的には凱旋門賞回避という決断は妥当じゃないかと思ってる。

 以前から何度も言ってきたように、キズナにとってロンシャンの2400mは向かない。

 元々距離も長すぎるし、一瞬の切れを武器にしているキズナにとってタフなロンシャンのコースはマイナスだろう。一時は先頭に立つような勢いを見せるかもしれないが、ゴール前で脚が続かなくなり失速する可能性が非常に高い。

 今思えば3歳時の凱旋門賞もまさにそのようなレース振りだった。直線残り400mまでは良い感じで伸び続けていたものの、そこから徐々に脚色が鈍り始め、残り300m付近で手前を変えてからは完全に脚が上がってしまっていた。

 2走前の大阪杯にしても直線坂下までの勢いはラキシスを圧倒するもので、これは完勝かと思った瞬間に脚色が鈍り逆にラキシスに突き放される結果に。

 以前はここまで一瞬の切れに特化したタイプでは無かったのだが・・・。

 少なくともダービーの頃は末脚の持久力を売りにしていたキズナだが、古馬になり筋肉が全身に付いた結果、一瞬の切れは増したものの逆に末脚の持久力は失われてしまったらしい。

 3歳時とは馬のタイプが変ってしまったキズナ。そう考えると凱旋門賞回避は益々妥当だという印象を受ける。

 今後は一足早い夏休みを取り、目標を秋の天皇賞として調整される同馬。

 現状日本のG1の中でキズナに1番有っていると思われるのが秋の天皇賞なので、この決断は英断だろう。

 京都記念で復帰してからはファンの期待に応えられない競馬が続いているキズナだが、筆者は別に能力が衰えたとかピークを過ぎたという風には考えていない。どれも敗因は明確であり、負けるべくして負けただけなのだ。

 キズナに合うレースに出走し、しっかりと能力を出し切る競馬が出来ればまだまだG1で勝ち負けする能力は秘めている。秋には万全の態勢で出走し、多くのファンの前で本来のキズナの雄姿が見られることを期待したい。

キズナ、凱旋門賞断念…佐々木師「心身ともに疲れが見えた」 - スポーツニッポン

 一昨年のダービー馬キズナ(牡5=佐々木)が、体調が整わないため再挑戦を目指していた凱旋門賞(10月4日、ロンシャン)を断念することが分かった。

 前走の天皇賞・春7着後は鳥取県の大山ヒルズに放牧に出され、宝塚記念(6月28日、阪神)を目標に調整されていた。佐々木師は「放牧先で心身ともに疲れが見えたため宝塚記念を見送ることになりました。その場合、国内で結果が残せないことになるのでオーナーサイドと協議した結果、凱旋門賞には登録せず断念することになりました」と話した。今後について「天皇賞・秋(11月1日、東京)を目標に調整していきたい」と見通しを語った。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

2014皐月賞@イスラボニータ
重症でなければ良いが・・・。イスラボニータが脚部不安の為に大阪杯を回避、放牧へ

 中山記念で1番人気に支持されるも、伸びを欠き5着に敗れた昨年の皐月賞馬イスラボ …

ヴァンセンヌが宝塚記念出走へ 鞍上は福永騎手

安田記念で首差2着に惜敗したヴァンセンヌ(牡6歳)が宝塚記念に登録へ。出走する場 …

ハープスターがキングカメハメハの子を無事に受胎

 競馬ファンをアッと言わせた突然の種付けから20日あまり。ハープスターが無事キン …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

エピファネイアと福永祐一騎手が宝塚記念で再コンビを結成

 昨年のジャパンカップ(以下JC)が終了した直後、都内で行われた某クラブのパーテ …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …

桜花賞馬ジュエラーが骨折のため引退

 昨年の桜花賞馬ジュエラーの引退が決まったそうだ。  昨年秋の秋華賞4着のあと、 …

リアルスティールが骨折 程度は軽く秋には復帰へ

 過去に競走馬を鍛え上げることを、刀匠が日本刀を研ぐ様に例えた人がいた。  競走 …