馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

エスメラルディーナとローブデソワが韓国G3トゥクソムカップに出走。背景にはノーザンファームの韓国戦略が!?

   

 先日、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏と子息の吉田俊介氏が韓国のセリでサラブレッドを購入したことがニュースになっていた。

 その時は購入した馬はそのまま韓国で走らすと聞き、世界各国で馬主として所有馬を走らせ現地とのパイプを築き上げるノーザンファームの戦略が、隣国である韓国でも始まったかと思ったものだが、このたび発表された韓国遠征の話もその戦略の一環なのかも知れない。

 9日、JRAは6月7日に韓国・ソウル競馬場で行われるG3トゥクソムカップ(ダート1400m)に日本から2頭の牝馬が登録したことを発表。

 その2頭とはエスメラルディーナローブデソワの2頭で、エスメラルディーナの馬主は吉田和美氏、ローブデソワの馬主はシルクレーシングと共にノーザンファーム傘下の2頭となる。

 条件的にも牝馬限定のダート1400mという条件が2頭にとって好ましいものであり、だからこそ遠征に踏み切ったのであろうが、前述のノーザンファームの韓国戦略がその決断の後押しをしたことは容易に想像できる。

スポンサーリンク

 韓国競馬は近年徐々に門戸を開放し始めており、2013年には韓国競馬史上初となる国際競走が開催。日本の大井競馬場から3頭の所属馬が遠征し、的場文男騎手騎乗のトーセンアーチャーが優勝したことは記憶に新しいところだ。

 そして今回満を持してJRAから2頭のオープン馬が遠征するわけだが、現状韓国競馬のレベルは日本でいうと南関東のオープンよりやや劣るぐらいだと推測され、2頭が力を出し切れればまず勝ち負けになることは間違いないだろう。

 ただこのレースは国際競走なので、日本以外の国からも遠征する馬がいる可能性はある。実際昨年はシンガポールからの遠征馬が地元韓国勢や大井競馬所属馬を相手に快勝しており、そういった馬たちが出てくれば強力なライバルになるだろう。

 現状日本馬以外の予備登録馬は分からない状況だが、今後の発表に注目したい。

【トゥクソムカップ】(韓国G3)~エスメラルディーナ、ローブデソワが登録 - netkeiba.com

 6月7日(日)韓国・ソウル競馬場で行われるトゥクソムカップ(韓国G3)は5月8日に予備登録が締め切られ、日本からエスメラルディーナ(牝4 美浦・斎藤誠厩舎)とローブデソワ(牝4 栗東・今野貞一厩舎)が登録した。

なお、登録した日本馬が出走した場合は、JRA所属馬による初の韓国遠征となる。

トゥクソムカップはソウル競馬場ダート1400m、5歳以下の牝馬限定の競走。フルゲート16頭で、総賞金は4億ウォン(約4400万円)。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

エイブルフレンドがチェアマンズトロフィーを圧勝。重賞5連勝

 昨年の香港マイル(香GⅠ)を圧勝したエイブルフレンド。  そのエイブルフレンド …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

日本に希望をもたらしたヴィクトワールピサ
ドバイワールドカップの公式プロモーション動画

 いよいよ今週土曜日に迫ったドバイワールドカップデー。  先日、メインレースであ …

ディオスコリダーは7着。ドバイWCデー前哨戦マハブ・アルシマール

※ディオスコリダーはゼッケン番号10番  今年のドバイWCデーに行われる諸競走( …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …