馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【追記あり】ラブミーチャンが初仔を出産!父ゴールドアリュールの元気な牡馬が誕生

   

 2009年に2歳馬として初のNARグランプリ年度代表馬に輝いたラブミーチャン

 その後もダート短距離路線を主戦場に息長く活躍。2012年には2度目となる年度代表馬に輝くなどJRAの強豪相手でも一歩も引かぬ戦いを繰り広げていた同馬だが、2013年のクラスターCを最後に現役を引退。

 引退後は北海道の新ひだか町、谷岡牧場で繁殖牝馬として第2の馬生を送っていた。

スポンサーリンク

 そのラブミーチャンが先ほど、自身初となる子供を無事に出産。ゴールドアリュールとの間に自身に良く似た流星を持つ、栗毛(と思われる)の牡馬が誕生した。

 馬主であるDrコパ氏が早速ツイッターで初仔が誕生したことを報告していたが、母子ともに元気そうなのが何より良かった。写真はまさに生まれた直後のモノで、子供の身体はまだ濡れたままだが父母譲りの金色の馬体と、大きな流星は「やはりラブミーチャンの子供やなぁ~」と思う。

 まだまだ生まれたばかりで先のことを論ずるのもアレだが、この血統だしやはり父母同様ダート路線で活躍してくれるだろう。良血馬と言っても良く、今から数年後の姿が非常に楽しみだ。

 そして生まれたばかりの愛息を優しい目で介抱するラブミーチャン。その姿は優しさに包まれており、良いお母さんになることは間違いないだろう。

 サラブレッドの親仔はいずれ別れ離れになる時がどうしても来てしまう。その時までひと時の間、2頭には幸せに過ごして欲しいと願わざるを得ない。

追記:ラブミーチャンと初仔の動画

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

後藤浩輝騎手のメモリアルセレモニー開催が決定

後藤浩輝騎手、もうおらへんのやなぁ… https://t.co/2X …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …

ドゥラメンテ 凱旋門賞挑戦について憶測飛び交う

レコードで二冠達成のドゥラメンテ。陣営が凱旋門賞に慎重な理由とは。 http:/ …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

The Japanese team is readying themselves …

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …

スピルバーグとスミヨン騎手が新コンビ結成

 「藤沢和雄調教師とクリストフ・スミヨン騎手がコンビ結成!?」このコンビは今まで …

ショウナンアデラが全治6ヶ月の骨折

 昨年の2歳女王であり、ルージュバックと並ぶ桜花賞の最有力候補だったショウナンア …

頭を下げるJRA関係者
ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。  真相はピンクブーケに与えられ …