馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【追記あり】ラブミーチャンが初仔を出産!父ゴールドアリュールの元気な牡馬が誕生

   

 2009年に2歳馬として初のNARグランプリ年度代表馬に輝いたラブミーチャン

 その後もダート短距離路線を主戦場に息長く活躍。2012年には2度目となる年度代表馬に輝くなどJRAの強豪相手でも一歩も引かぬ戦いを繰り広げていた同馬だが、2013年のクラスターCを最後に現役を引退。

 引退後は北海道の新ひだか町、谷岡牧場で繁殖牝馬として第2の馬生を送っていた。

スポンサーリンク

 そのラブミーチャンが先ほど、自身初となる子供を無事に出産。ゴールドアリュールとの間に自身に良く似た流星を持つ、栗毛(と思われる)の牡馬が誕生した。

 馬主であるDrコパ氏が早速ツイッターで初仔が誕生したことを報告していたが、母子ともに元気そうなのが何より良かった。写真はまさに生まれた直後のモノで、子供の身体はまだ濡れたままだが父母譲りの金色の馬体と、大きな流星は「やはりラブミーチャンの子供やなぁ~」と思う。

 まだまだ生まれたばかりで先のことを論ずるのもアレだが、この血統だしやはり父母同様ダート路線で活躍してくれるだろう。良血馬と言っても良く、今から数年後の姿が非常に楽しみだ。

 そして生まれたばかりの愛息を優しい目で介抱するラブミーチャン。その姿は優しさに包まれており、良いお母さんになることは間違いないだろう。

 サラブレッドの親仔はいずれ別れ離れになる時がどうしても来てしまう。その時までひと時の間、2頭には幸せに過ごして欲しいと願わざるを得ない。

追記:ラブミーチャンと初仔の動画

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ブチコの古馬挑戦の可能性はほぼ消滅。注目の次走は?

ついでなんで、全速力で走るブチコの写真も再掲しておきましょう〜確かに、この毛色の …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
史上初の挑戦!藤沢和雄厩舎の2歳馬がイギリス遠征でデビュー!?

 昨年秋の天皇賞を制したスピルバーグが参戦を予定している、今年のロイヤルアスコッ …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

桜花賞馬ジュエラーが骨折のため引退

 昨年の桜花賞馬ジュエラーの引退が決まったそうだ。  昨年秋の秋華賞4着のあと、 …

2015日本ダービー@ワンアンドオンリー
日本ダービーとは多くの競馬ファン、関係者を酔わせる「極上の美酒」

 今年の日本ダービーも、いよいよ発走まで24時間を切った。  いまパソコンに向か …

競馬ファンなら誰もが心に描いた「夢の第11レース」

 この動画を見終わった時、心に熱いものを感じた。グッと来るものを抑えきれなかった …

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …

ドゥラメンテ 凱旋門賞挑戦について憶測飛び交う

レコードで二冠達成のドゥラメンテ。陣営が凱旋門賞に慎重な理由とは。 http:/ …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …