馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

御神本訓史騎手引退の危機!? 度重なる不祥事の結果、来年度の騎手免許試験不合格という最悪の事態を招く

   

御神本訓史@騎手免許不合格

 先日、大井競馬場の調整ルームに本来立ち入ること出来ない筈の人間を、「施術師」と偽り入室させていたとして一ヶ月間の騎乗停止処分を受けた御神本訓史騎手

 その御神本訓史騎手の来年度(2015年度)の地方騎手免許が、騎手免許更新試験不合格により交付されないという驚くべき報せが、地方競馬全場の騎手・調教師の免許を統括する地方競馬全国協会(NAR)から発表された。

 これで南関東4場では少なくとも約1年(今年度の免許は5月31日まで有効なので、2015年6月1日から2016年3月31日まで騎乗不可)は乗れなくなった御神本騎手。さて今後どうするのだろうか?

スポンサーリンク

悪しき前例として厳罰も仕方ない

[デイリー] 【競馬】御神本、免許試験で不合格
http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2015/03/17/0007828899.shtml

不合格に至った詳細について、地方競馬全国協会は「個人情報の観点から公表できない。筆記試験、面接試験等を行い、本人のこれまでの業務状況の内容を勘案し、最終的に免許委員会で審議された結果、不合格となった。本人に対しては免許試験の結果について審議内容も含め回答している」とコメントするにとどまった。

 上記の引用文を読む限り、今回の騎手免許更新試験不合格の大きな要因に度重なる素行不良が影響しているのは間違いないだろう。というか、それしか不合格になった理由は無いとも言える。少なくとも更新試験で不合格になったなんて、殆ど聞いたことが無いからだ。

 これまでの御神本騎手の素行不良ぶりについては競馬ファンには良く知られているので、ここで改めて説明はしない。詳しい内容を知りたい方は下記に以前御神本騎手に関して書いた記事のリンクを貼っておくので、それを見て欲しい。

【関連記事】御神本訓史騎手4度目の不祥事が発覚 もう更正は期待できず騎手免許剥奪など厳罰を検討するべきでは?
【関連記事】天才ゆえの未熟さなのか・・・。御神本訓史騎手がルール違反により騎乗停止処分を受ける

 今回の御神本騎手の処分(と言っても良いだろう)を受けて、一部競馬ファンの間では調整ルームの存在の是非が議論されているようだが、その件については一先ず横に置いておく。今回の処分に調整ルームの存在意義など全く関係ないからだ。御神本騎手は騎手ならば守らなければならないルールを、一度ならず何度も破ったから罰を受けた。それだけなのである。

 しかもルールを破るにしても情状酌量の余地がある理由ならまだしも、過去4度とも無断外出して飲みに行くなど、自分勝手な言い訳できない理由でルール違反を犯している。これで大目に見ろと言うほうがおかしいと思う。

 正直厳罰も止む無し。むしろ良く厳しい判断を下したと地全協(地方競馬全国協会の略称)を見直したぐらいだ。

 今回の処分を受けて御神本騎手は非常に厳しい状況に立たされたと言って良いだろう。南関東で騎手を続けるつもりならば最低でも1年は騎乗出来ないし、そもそも来年騎手試験を受けても合格できると言う保証はない。

 先日の不祥事は新聞や週刊誌等でも大きく報道され、南関東のみならず地方競馬全体、もっと言えば競馬そのもののイメージダウンに繋がったと言う意見もある。地全協上層部の心象はこちらの思っている以上に悪い可能性もあり、下手したら数年は騎手免許が下りない可能性すら考えられるからだ。

 またデイリースポーツの記事の中で触れられていた、他地区に移籍して今年あと2回ある騎手試験を受けるという話については論外だろう。そんなことをしたら地全協側の心象は余計に悪化し、それこそ金輪際騎手免許が下りない可能性すら出てくる。

 個人的には最低でも4~5年は騎手免許を与えずに干しても良いんじゃないかと思っている。確かに天才とも言われるほどの技量を持つ騎手だけに、長期間騎乗機会を与えないのは惜しい気もするが、そもそもそういう事態を招いたのは御神本騎手自身。

 ましてや1度2度過ちを犯したわけではない。今回で4度目の不祥事なのだ。もう更正の余地はないと判断されても仕方ないだろう。彼も今年で34歳。若気の至りという言葉で擁護できる年齢はとうに過ぎている。

 今回の処分で御神本騎手の日本での騎手生命はほぼ絶たれたと見て良いだろう。今回この報せを聞いた時、一番最初に浮かんだ言葉は「これは地全協から御神本騎手への引退勧告だ」というものであった。

 もちろん競馬は日本だけでやっているものではない。本人がその気なら日本国外、例えば韓国やオーストラリア、香港やシンガポール、マカオなど乗れる場所はあるだろう。

 門戸は開かれている。あとは本人のやる気次第だ。ただ日本で騎乗していた時のような甘ったれた意識では、まず潰されると思うが・・・。

 益田が生んだ天才、御神本訓史。いま彼は、騎手人生の大きな岐路に立たされている。

 - 地方競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

残された期間でも騎乗予定は無し・・・。御神本訓史騎手の今後は?

 大井競馬場の調整ルームに資格のない者を連れ込んだとして、4月10日まで騎乗停止 …

ソルテ 小回りで長所の機動力が際立つ。秋のJBCでも期待大 / 2016さきたま杯

 いやぁー、ソルテ見事な逃げ切りだった!  JRA所属のG1馬4頭を向こうに回し …

御神本訓史騎手、引退や他場移籍を否定。南関東に残り騎手復帰を目指すことに

 他場に移籍などせず、謹慎を続け南関東での騎手復帰を目指す。引退せずに日本での復 …

ロールボヌール、岩手ダービーを10馬身差の圧勝。岩手競馬に光を呼び戻す存在となりえるか!?

 筆者が厩務員だった当時は地方競馬を引っ張っていく存在として、輝きを放っていた岩 …

オヤコダカ、古馬オープン相手にブッチギリ圧勝!その強さに次代のホッカイドウ競馬を背負って立つ可能性を感じた

 この強さは間違いなく次代のホッカイドウ競馬を引っ張っていくものだろう。  14 …

ダノンレジェンドが黒船賞を圧勝

【PHOTO】ダノンレジェンド Danon Legend http:// …

ダノンレジェンドの強さとシゲルカガのスピードが印象的だった東京スプリント

【PHOTO】ダノンレジェンド Danon Legend http:// …

【兵庫CS回顧】クロスクリーガーの圧倒的な強さに競馬におけるコース適性の大事さを再認識

 正直ここまで抜けた強さを見せ付けるとは思わなかった。  6日、園田競馬場で行わ …

ノンコノユメが天を味方につける / 2015JDD回顧

  ◆2015ジャパンダートダービー(Jpn1)ダート2000m◆  降りしきる …

御神本訓史元騎手が厩務員として仮認定を受ける

 5月31日を持って騎手免許を失った御神本訓史元騎手が1日、関東公営競馬協議会か …