馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ワンアンドオンリーがキングジョージ6世&クイーンエリザベスS遠征を断念。名伯楽の夢潰える・・・

   

ワンアンドオンリー@ダービー

 キズナの凱旋門賞断念の影響が、この馬のローテーションにも大きな影響を与えたようだ。

 今年のドバイシーマクラシックで3着と好走し、その後は父ハーツクライも参戦したキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)に参戦する予定だった、昨年のダービー馬ワンアンドオンリー

 しかしこのほどその英国遠征を断念し、宝塚記念に参戦する事が管理する橋口弘次郎調教師から発表された。

 父ハーツクライの無念を晴らすべく、因縁のアスコットの地へと旅立つ予定だったワンアンドオンリー。来年定年を迎える橋口調教師にとっても、調教師人生の総決算とも言える挑戦だった為に、この決断は無念なのではないだろうか。

スポンサーリンク

 正直ワンアンドオンリーがキングジョージに参戦したとしても、好走は至難の業だったとは思う。

 世界に数ある芝12ハロンのG1の中でも最高峰の権威を持ち、そして屈指のタフさを誇るキングジョージ6世&クイーンエリザベスS。

 日本馬にとって凱旋門賞と同等、若しくはそれ以上に獲得する事が難しいG1タイトルであることは間違いない。

 過去に遠征した日本馬の中でも、屈指の欧州適性を誇っていたハーツクライでさえも、一瞬は先頭に立つもゴール前で脚が鈍り、ハリケーンランやエレクトロキューショニストの後塵を拝す結果となった。

 正直ワンアンドオンリーはまだ父ハーツクライのレベルには達していない。今の段階で遠征を敢行したとしても、父以上の結果を出す可能性は低いだろう。

 ただ今回の遠征にはそんな見通しを無視するほどのロマンがあった。日本競馬史に名を残す名伯楽が、かつて管理した愛馬の息子で世界最高峰の舞台にリベンジを期して立ち向かう。

 競馬は勝ち負けだけではやってられない。時には勝負を度外視してロマンを優先するのも当然ありだろう。

 それだけにこの遠征計画が無に帰したのは本当に残念でならない・・・。

 今回の遠征が取り止めになった原因の1つに、キズナの凱旋門賞挑戦並びに宝塚記念回避があると聞く。

 ワンアンドオンリーはキズナの代わりに宝塚記念に参戦し、その結果次第で凱旋門賞挑戦プランも考慮されるそうだ。

 完全にキズナの代役といった扱いだが、それも現時点では致し方ないだろう。この評価を見返すためにも、ワンアンドオンリーには頑張ってもらいたいというのが筆者の正直な気持ちである。

ワンアンドオンリー英国回避、宝塚記念へ - デイリースポーツ

 ワンアンドオンリー(牡4歳、栗東・橋口弘)がキングジョージ6世&クイーンエリザベスS・英G1(7月25日、アスコット)を回避することが14日、わかった。

 ワンアンドオンリーは宝塚記念(6月28日、阪神)にミルコ・デムーロと向かう。凱旋門賞・仏G1(10月4日、ロンシャン)の出走は、宝塚記念の結果次第となる。これは同じノースヒルズの生産馬であるキズナ(牡5歳、栗東・佐々木)が凱旋門賞の登録を見送り、宝塚記念を回避したことによるもの。

 また同行予定だったクラレント(牡6歳)はサセックスS・英G1(7月29日・グッドウッド)を回避し、安田記念(6月7日、東京)に出走する。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

ハープスターが繋靱帯炎を発症。症状は重く引退も視野

ハープスター 右前脚繋靱帯の損傷が判明 http://t.co/dEck …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

妊娠することにより競走能力が向上!?まれに聞く受胎した牝馬が大レースで好走する理由が判明

 まれにお腹に子供を宿したまま大レースを優勝した牝馬の話題が、海の向こうから届く …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

頭を下げるJRA関係者
ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。  真相はピンクブーケに与えられ …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

ショウナンアデラが全治6ヶ月の骨折

 昨年の2歳女王であり、ルージュバックと並ぶ桜花賞の最有力候補だったショウナンア …

まるでサーカス!咄嗟の動作で危険を回避した騎手の技術がスゴイ

 思わず「凄い!」と声が出てしまった。  イギリスで行われたアマチュア騎手による …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …