馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ピンクブーケの馬主にJRAファシリティーズより賠償金が支払われる

      2015/03/30

頭を下げるJRA関係者

 競馬界を揺るがしたピンクブーケの薬物違反問題。

 真相はピンクブーケに与えられていたサプリメントの製造会社が、サプリメント製造過程で原材料を偽装。その使われていた原材料にカフェインが混入していた為に、知らずに使っていたピンクブーケの尿からカフェインが検出されたというものだった。

 当然悪いのは製造元であり、ピンクブーケとその関係者は「シロ」という当たり前の判断が下された訳だが、このたびピンクブーケの馬主に対し、JRAの子会社であるJRAファシリティーズから今回の件に対する賠償金が支払われたと、デイリースポーツが報じた。

スポンサーリンク

JRAとしてはこれで幕引きを計りたいのだろうが・・・

[デイリースポーツ] 失格馬の馬主に700万円賠償の救済
http://www.daily.co.jp/horse/2015/03/19/0007832723.shtml

 捜査当局は厩舎関係者の関与なしと断定。JRAは先月18日に裁定委員会を開き、カフェインが混入していたサプリメントの販売者である関連会社のJRAファシリティーズに善処を求め、同社が馬主のキャロットクラブに、1着本賞金相当の700万円を支払ったことが分かった。

 規定により失格は覆らないため損害賠償した格好。なお、同馬は左第3中足骨を骨折して休養中。小西師は「できるだけ早く復帰させたい」と話している。(全文はリンク先参照)

 700万円を支払いですか・・・。正直ちょっと安いかなと思わないでもない。今回の件で馬主が負った企業イメージの悪化(冤罪としても)と、関係者・出資者が受けた精神的苦痛。そして怪我により先行き不透明なピンクブーケの状況を鑑みると、その倍額である1400万円ぐらい払っても良かったんじゃないかと思ってしまうぐらいだ。

 規定により失格処分の取り消しが出来ないのはしょうがない。これは競馬法に関連する事柄なので、何とかしようと思っても改正するまでに相当時間が掛かってしまう。ならば金銭で補償するというのは分かる話だ。

 ただそれだったらもう少し誠意を見せて欲しかったというのが、今回の件に関するピンクブーケ関係者。もっといえば競馬ファンの総意だろう。世間を騒がした、関係者に迷惑を掛けた面を全く考慮せず、実費だけ支払いというのは正直理解されないと思う。

 まあ今回の件で本当に悪いのは、サプリメントを製造したアメリカの会社なので、JRAとその子会社だけが悪者になるというのはそれはそれでおかしいけどね。

 個人的にはJRAにはその会社のサプリメント納入禁止措置だけではなく、正式な損害賠償請求および裁判を起こして欲しいと思っている。そしてそこで得た金額を、ある程度馬主側に還元して欲しいところなのだが・・・。手間も掛かるから、めんどくさがってやらないかな?(苦笑)

 ちなみにピンクブーケの馬主であるキャロットクラブでは、今回の賠償金支払いについてまだ公式のコメントは出していない。恐らく今後の対応についてまだ協議中なんだろう。

 JRAとしては間違いなくこれで幕引きを計りたいのだろうが、先も述べたとおり筆者だけではなく、世間一般的にも今回のJRAの対応について批判的な声が殆どだ。キャロットクラブ内部でもそういう声が上がっていてもおかしくないだろう。

 場合によっては今回の対応を不十分として、JRAに更なる対応を求める要望なり、訴訟なりが有ってもおかしくないのでは?

 まだ一件落着とはなっていない今回の問題。もう少し様子を見てみたいと思う。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

2014富士S@ステファノス
勝算は充分!?ステファノスが香港クイーンエリザベス2世Cの招待を受諾、出走へ

 昨年秋の富士Sを快勝し、今年初戦となった中山記念でも強豪相手に3着に健闘するな …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

これは楽しみ!エイシンヒカリに武豊

エイシンヒカリのアイルランドTの写真めちゃくちゃカッケー(笑) pic.twit …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュース …

ディープジュエリーがオークス回避

 スイートピーSで無傷の3連勝を達成したディープジュエリーのオークス回避が、同馬 …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …