馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

      2015/03/30

 トーセンスターダムに続いて登場するのが、ジョージライダーステークス(豪GⅠ)に出走するリアルインパクトワールドエース

 こちらはオーストラリアでも層の厚いマイル路線のレースということで、14頭と出走頭数も揃った模様。中々の混戦模様のようだが、2頭が遠征緒戦で良いところを見せられるか?注目したい。

スポンサーリンク

2頭の評価は4~6番手評価といったところ

【主催者作成によるリアルインパクト(上)&ワールドエース(下)紹介動画】

■2015ジョージライダーステークスの出走表-おうまのアイコン

 中心はコズミックエンデヴァーとシューティングトゥウィンの2頭で、それにカーマデック(母父フジキセキ!)やワールドエースが絡む感じなのだろうけど・・・、全体的には大混戦といった印象が強いね。これなら日本馬2頭にも十分チャンスはありそうだ。

 レースが行われるローズヒルガーデンズ競馬場は、コースの形が全体的に四角形に近い日本ではあまり見られない形をしており、芝の1500m戦となる今回は「コの字型」のようなコースを走ってくることになる。

【ローズヒルガーデンズ競馬場コース図】
ローズヒルガーデンズ競馬場

 当然4コーナー(という呼び方で良いのか分からないが・苦笑)の角度は相当きつくなっており、直角に近いコーナーを回る印象となっている。ここをどう回るかで結果もかなり違ってくると思われ、その意味でも現地を良く知るホール騎手とマクドナルド騎手を配したのは良案だと言えるだろう。

 2頭ともディープ産駒にしては切れよりも長く良い脚を使うタイプだけに、直線が400mほどあるこのコースは合うと思う。あとは乗り方一つだけかな。変に溜め込まず、末脚を使いきるような競馬をすれば自ずと結果は付いてくるのではなかろうか。

 ただトーセンスターダムの記事でも書いたが、ここは遠征緒戦。まずは無事に走りきって来ることが大事だろう。あくまで本番は次走以降だ。勝つチャンスは少なくないかもしれないが、ここでアクシデントを起こしては勿体無い。

 まずは無事に走りきることを第一に。そしてチャンスがあれば・・・と、非常にファン心理というのは勝手なものだが(苦笑)、出来れば良い報せを聞きたいものである。

 ジョージライダーステークスは日本時間の15時10分発走予定。リアルインパクトとワールドエース。2頭とも頑張れ!

※映像に関してはこちらで見れる・・・かも?(未確認)ニコニコ動画のアカウントを持ってる人は、そっちでも中継があるみたいなので、そちらの方が確実かも知れません。

 - 海外競馬, 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …

ビワハイジ
ビワハイジが父オルフェーヴルの牝馬を出産。この仔を最後に繁殖引退の予定

GⅠ6勝の名牝ブエナビスタや阪神JFの勝馬ジョワドヴィーヴルの母として知られるビ …

ブチコの古馬挑戦の可能性はほぼ消滅。注目の次走は?

ついでなんで、全速力で走るブチコの写真も再掲しておきましょう〜確かに、この毛色の …

妊娠することにより競走能力が向上!?まれに聞く受胎した牝馬が大レースで好走する理由が判明

 まれにお腹に子供を宿したまま大レースを優勝した牝馬の話題が、海の向こうから届く …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

欧州マイル路線に新星誕生!グレンイーグルスが英2000ギニーを完勝

 2つに分かれた馬群のスタンド側好位5番手辺りにポジションを取ったゼッケン番号9 …

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首G …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …