馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

スピルバーグとスミヨン騎手が新コンビ結成

   

エピファネイア@JC

 「藤沢和雄調教師とクリストフ・スミヨン騎手がコンビ結成!?」このコンビは今まであまり記憶が無いだけに、この報せを聞いたときは正直驚いた。

 確かに藤沢調教師の外国人騎手好きは有名だし、山本オーナーも海外志向が強いオーナーでK・デザーモ騎手などのサポートを行ってきたことがあるので、現地を熟知した騎手を乗せる可能性が高いのは承知していたが・・・この組み合わせは意外だ。

 今年のロイヤルアスコット開催に参戦を表明し、同開催で行われるG1プリンスオブウェールズSに向けて調整が続けられている、昨年の秋の天皇賞馬スピルバーグ

 そのスピルバーグの鞍上が、このたびフランスの名手であるクリストフ・スミヨン騎手に決定したことが25日、管理する藤沢和雄調教師から発表された。

 プリンスオブウェールズSの前日に行われるG1クイーンアンSに出走するルルーシュにも、同じくスミヨン騎手が騎乗することが決定した模様で、恐らく日本でも数える程度しかない藤沢師とスミヨン騎手のコンビが、果たしてどんな競馬を見せてくれるのか?正直興味が尽きない。

スポンサーリンク

 藤沢調教師の遠征が決まってからのコメントを見ていると、スピルバーグの主戦である北村宏司騎手はイギリスでは恐らく乗らないんだろうなと思っていたが、まさか代わりにコンビを組むのがスミヨン騎手とはね。ちょっと意外だった。

 藤沢調教師が欧州で強くコネクションを持つ超一流騎手と言えばオリビエ・ペリエ騎手なので、てっきりペリエ騎手や短期免許で面倒を見ていたブノワ騎手辺りを配するのかなと思っていたのだが・・・。

 考えてみればブノワ騎手はともかくとしてペリエ騎手は今でも現地のトップジョッキー。他の有力馬主のと契約等もあって中々自由が利かないのかもしれない。

 スミヨン騎手にしても有力馬主であるアガ・カーン殿下と主戦契約を結んでいる筈だが、向こうからオファーしてきたと言うことはプリンスオブウェールズSには騎乗予定馬が居なかったという事だろう。彼ほどの騎手が空いていたんだから、これはスピルバーグにとっては僥倖と言えるのではないだろうか。

 スミヨン騎手自身は普段はフランスを主戦場としているが、イギリスでも多くのG1勝利を記録している。同じアスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)で、日本のハーツクライの前に立ちはだかったハリケーンランに騎乗していたのは、若き日のスミヨン騎手だった。

 他にもヴァリクシールでクイーンアンSを制した経験もあるし、アスコット競馬場の勝ち方を知っている騎手と言って良いだろう。現地イギリスの一流騎手はほぼ全て押さえられている筈と考えると、最上の人選ではなかろうか。

 スミヨン騎手といえば昨年エピファネイアをJC圧勝に導いたように、その馬に隠された真の力を覚醒させるのが上手いジョッキーというイメージがある。それだけに今回スピルバーグに騎乗するに当たって、新たな一面を引き出すのではないかという期待感は大きい。

 ロイヤルアスコット開催本番までもう1ヶ月を切った。明日27日にはスピルバーグを筆頭に4頭の競走馬がイギリスに向けて旅立つ予定だ。

 果たして世界一華やかな競馬開催と言われるロイヤルアスコットで、日本馬がどのような走りを見せるのか?今から楽しみでならない。

 スピルバーグ、英GIでの鞍上はスミヨン - 予想王TV

 英国王室が主催するロイヤルアスコット開催のGIプリンスオブウェールズS(6月17日、芝2000メートル)に出走予定のスピルバーグ(美・藤沢和、牡6)は、クリストフ・スミヨン騎手(33)と新コンビを組むことが25日、明らかになった。

 藤沢和調教師は「早い段階から遠征する意向を伝えていたし、『ぜひ乗せてほしい』と本人からのオファーを受けていた。複数の候補がいたけど、オーナー(山本英俊氏)とも話し合い、彼に依頼することにした。世界中で活躍している騎手だし、期待しています」と語った。

 前日のGIクイーンアンS(芝1600メートル)に出走予定のルルーシュ(牡7)もスミヨンと初めてコンビを組む。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ディーマジェスティ秋は菊花賞へ。凱旋門賞挑戦は取り止め

 皐月賞を圧巻の豪脚で制し、ダービーでも惜しい3着と健闘したディーマジェスティ。 …

一緒に放牧されるジェンティルドンナとヴィルシーナ
ジェンティルドンナがキングカメハメハの仔を受胎

投稿 by Northern Horse Park.  昨年の有馬記念を最後に現 …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュース …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

フェノーメノ引退、種牡馬入り。その競走生活は同じ名を持つあの世界的サッカー選手と被るものを感じた

 フェノーメノという名前はポルトガル語で「怪物」という意味があるという。  かつ …

ホエールキャプチャが引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上 …