馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ショウナンアデラが全治6ヶ月の骨折

      2015/03/24

 昨年の2歳女王であり、ルージュバックと並ぶ桜花賞の最有力候補だったショウナンアデラにアクシデントが発生してしまった。

 今年緒戦となる4月の桜花賞に向けて美浦トレセンの自厩舎で調整を重ねられていた同馬だが、右第3中手骨に骨折が判明。全治6ヶ月との診断により春のクラシック出走が絶望的となってしまったとのこと。

 ルージュバックとの対戦が楽しみだっただけに、非常に残念でならない。

スポンサーリンク


ライバルたちとの熱い戦いは秋に持ち越し

[netkeiba.com] ショウナンアデラが骨折 6か月以上の休養を要する見込み
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=96464

 昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを制して2歳女王に輝き、今年は桜花賞へ直行予定だったショウナンアデラ(牝3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が、右第3中手骨を骨折していることがわかった。

6か月以上の休養を要する見込みで、春のクラシック出走は断念することとなった。

※脚の骨の部位図
骨の名前@脚
 上の図を見てもらえば分かると思うが、第3中手骨とは俗にいう管骨部分の骨の名称。

 馬の骨折というと膝や球節部分の骨折が非常に多くて、その次ぐらいに管骨の骨折が多いイメージなのだが、そう考えると全治6ヶ月という診断は普通か、やや重い位の症状なのかも知れない。

 非常に見栄えのする好馬体の持ち主で、馬っぷりだけならルージュバック以上と言っても良いほど素晴らしい身体をしていたショウナンアデラ。春のクラシックは勿論のこと、それ以降の戦いでも非常に期待していただけに、致命的な怪我では無いと言ってもこの戦線離脱は残念で仕方がないね。

 きっと桜花賞やオークスで、ライバルたちと素晴らしい戦いを見せてくれただろうに・・・。お楽しみは秋以降となってしまった。

 元々はチューリップ賞から復帰予定のはずが、早い時期に桜花賞直行へと予定が変更され、そして今回のアクシデント・・・。どうやら2月の帰厩当初から脚元がモヤモヤしていたのかも知れない。陣営としては懸命に調整を重ねてきたのだろうが、それが運悪く裏目に出てしまったと言うことなのかもしれないね。

 クラシック直前での戦線離脱は本当に残念と言うしかないが、まずは開き復帰を目指してしっかりと養生して欲しいと思う。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …

ビワハイジ
ビワハイジが父オルフェーヴルの牝馬を出産。この仔を最後に繁殖引退の予定

GⅠ6勝の名牝ブエナビスタや阪神JFの勝馬ジョワドヴィーヴルの母として知られるビ …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

ハープスターが繋靱帯炎を発症。症状は重く引退も視野

ハープスター 右前脚繋靱帯の損傷が判明 http://t.co/dEck …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【速報】リアルインパクト、ワールドエースが出走予定だったドンカスターマイルが中止!月曜日に代替開催の予定

 驚きのニュースが飛び込んできた。  本日、リアルインパクトやワールドエースが出 …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

2015日本ダービー@ワンアンドオンリー
日本ダービーとは多くの競馬ファン、関係者を酔わせる「極上の美酒」

 今年の日本ダービーも、いよいよ発走まで24時間を切った。  いまパソコンに向か …

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …