馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トゥザワールドが屈腱炎を発症、引退の可能性も

      2015/06/20

 何とも残念なニュースが飛び込んできた。

 昨年の皐月賞で2着、日本ダービーで5着などクラシック路線で活躍し、年末の有馬記念でも2着に健闘するなどG1で好走を重ねてきたトゥザワールド

 今年の春にはオーストラリア遠征を敢行し、遠征初戦のThe BMW(豪G1)では2着に入るなど健闘していた同馬だが、先日休養先の北海道・ノーザンファームで脚元の検査を実施したところ、右前脚に故障が判明。

 重度の浅屈腱炎と診断され長期の休養が必要で、今後の経過次第ではそれ以外の選択肢(要は引退?)も有り得ると所属するキャロットクラブのHPで発表された。

スポンサーリンク

 G1勝ちまであと一歩のところまで来ていたのに・・・。本当に残念としか言い様が無い。

 トゥザヴィクトリーの子供たちは兄のトゥザグローリーといいトゥザワールドといい、他の兄妹もそうだが素質は高いものの体質の弱さに泣かされることが多い気がする。

 全兄のトゥザグローリーも大きな故障は無かったものの、体質の弱さから調整に苦労している内に競走馬としての旬を逃し、G1タイトルを獲れずに終わってしまった。有馬記念で2年連続で3着するなど、G1級の能力を見せていたのに。

 トゥザワールドは兄よりも小回りが利いて安定感は上だっただけに、無事だったらいつかビッグタイトルを・・・と思っていたのだが、本当に残念だ。ここまでG1で2着が3回。どれか一つは勝っておきたかったなというのが正直なところであろうか。

 更新を読むと症状はかなり重い様子が窺える。オーストラリア遠征が終わってからここまで症状が判明するまでに時間が掛かっており、その間軽くではあるが乗り込みを続けていたことから症状を悪化させてしまったのかも知れないね。そうだとしたら残念だ。

 G1勝ちまであと少しのところまで来ている現況を考えると、治療しての現役続行という選択肢が濃厚だろう。獣医学の発達により、以前よりも屈腱炎から復活する競走馬が確実に多くなっていることも、トゥザワールドの背中を押す材料の一つだ。

 最近は競走馬の競走寿命も伸びており、高齢でもトップレベルで活躍する馬はザラだ。トゥザワールドはまだ4歳。復帰まで2年掛かったとしてもまだ6歳、充分活躍は見込める年齢なのは間違いない。

 このまま引退というのは何とも残念だけに、是非とも屈腱炎に打ち勝ち不死鳥のように復活して欲しいと願う。

 トゥザワールド屈腱炎 程度重く長期休養の見込み - スポニチ

 豪州遠征後、休養しているトゥザワールド(牡4=池江)が右前脚の屈腱炎を発症していることが分かった。18日、キャロットクラブのホームページで発表された。程度は重く、長期休養を要する見込み。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

リアルスティールが骨折 程度は軽く秋には復帰へ

 過去に競走馬を鍛え上げることを、刀匠が日本刀を研ぐ様に例えた人がいた。  競走 …

フェノーメノ引退、種牡馬入り。その競走生活は同じ名を持つあの世界的サッカー選手と被るものを感じた

 フェノーメノという名前はポルトガル語で「怪物」という意味があるという。  かつ …

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
予想よりも重傷の可能性も?シャイニングレイが球節を痛め皐月賞を回避

 G2ホープフルSの勝ち馬で、皐月賞の有力候補の1頭であるシャイニングレイ。   …

【追記あり】ラブミーチャンが初仔を出産!父ゴールドアリュールの元気な牡馬が誕生

ラブミーチャン 男の子を産んでくれた pic.twitter.com/1 …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …