馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

   

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対応に苦慮しているようだ。

 要はあまり状態が良くないのをしっかりと認識できず、大丈夫だろうと安易に札幌記念に使った結果、逆に反動が出て余計に悪くなったということだろう。

 札幌記念前のフォトパドックや追い切りの動きなどを見て、トーホウジャッカルが走れる状態に無いのは筆者を始め、多くの競馬ファンが指摘していたとおり。

 しかしプロであるはずのトーホウジャッカルの関係者はそれを認識できずにレースでも惨敗。その後も思うように行かないというのだから、これはもう自業自得しか言いようが無いわけだが、当のトーホウジャッカル自身には何ら罪は無い訳で可哀想というしかない。

スポンサーリンク

 元々同馬はデビュー前に大病し、昨年の5月末にようやくデビューできた馬だ。

 そういった経緯を考えても体調管理やレース選択には人一倍気を使わなければならない馬なのだが、今年に入ってからの陣営の動きを見ると、不安が発生するたびに場当たり的な対応に終始しており、これで大丈夫かと思わず不安になる。

 筆者も競馬関係者の端くれだったので良く分かるのだが、こういったリズムが狂ってしまった馬は人間が小手先の技術でどうにかしようと思っても、大体失敗する。

 馬をこちらの都合に合わせようとしても上手く行く筈は無いのだ。人間に馬を合わせるのではなく、馬に人間が合わさなければならない。

 陣営は今放牧に出すかどうか悩んでいるということだが、何を悩む必要が有るのだろう。自分たちの技術ではトーホウジャッカルを上向かせることが出来ないのは、この一年の右往左往振りからも明白。だったらここはしっかりと休ませ、リセットする以外選択肢は無いのではなかろうか。

 どんなに素質が高く能力ある競走馬でも、扱う側の人間の判断ミス、技術不足でその一生は大きく狂ってしまう。

 トーホウジャッカルに与えられた時間は無限にある訳ではない。関係者には迅速な判断を願いたいところだ。

トーホウジャッカルは秋盾回避が濃厚 - 日刊スポーツ

 菊花賞馬トーホウジャッカル(牡4、谷)が出走を予定していた天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、11月1日=東京)を自重することが濃厚となった。

 8日、谷師は「状態が上がってこない。あまり無理はしたくないので」と現状を説明した。今後は放牧で立て直すかどうかを含めて未定。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
ゴールドシップ天皇賞は回避か 須貝師「使う可能性はハーフ、ハーフ」

 先週の阪神大賞典で快勝し、復活を印象付けたゴールドシップ。  このあとは当然春 …

ハープスターが繋靱帯炎を発症。症状は重く引退も視野

ハープスター 右前脚繋靱帯の損傷が判明 http://t.co/dEck …

【追記有】ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り!?

嬉しいやないか!! pic.twitter.com/rcBNmOIQhf &md …

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

The Japanese team is readying themselves …

ヴァンセンヌが宝塚記念出走へ 鞍上は福永騎手

安田記念で首差2着に惜敗したヴァンセンヌ(牡6歳)が宝塚記念に登録へ。出走する場 …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

ディーマジェスティ秋は菊花賞へ。凱旋門賞挑戦は取り止め

 皐月賞を圧巻の豪脚で制し、ダービーでも惜しい3着と健闘したディーマジェスティ。 …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …