馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

      2015/03/24

トーホウジャッカル@菊花賞

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャッカル

 その後はいち早く休養に入り、春の天皇賞制覇という目標に向けて今週の阪神大賞典から戦列に復帰する予定だったが・・・。

 本日早朝に行われた追い切り後、右前脚の蹄に異常が発生。出走を予定していた阪神大賞典を回避することが、管理する谷潔調教師から発表された。

スポンサーリンク

新旧菊花賞馬対決は先送りに

[東スポ] トーホウジャッカル回避 谷調教師「右前脚の爪をぶつけた」
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/378758/

 谷調教師は「今朝の追い切りで、右前脚の爪をぶつけたようだ。念のためレントゲンを撮ったところ異常はなかったが、今週のレースは大事をとって回避することにしました」と説明した。(全文はリンク先参照)

 谷調教師によると大事には至っていないとのこと。追い切り時に後ろ脚の蹄の先端で、右前脚の蹄の蹄底をぶつけてしまったのだろう。所謂「挫跖(ざせき)」の軽いやつを発症したという事だと思う。

 挫跖にも色々あって、軽度ならば発症した翌日からでも運動も可能だが、重度のモノになると蹄の中に空洞が出来てそこに膿が溜まり、痛みによってひどい跛行(はこう)を伴うものもある。そうなると数ヶ月は休まさなければならないのだが・・・。

 今回の記事を読む限りごく軽い挫跖と見て問題ないだろう。痛みと熱さえ引けば、直ぐにでも運動を再開するのではないだろうか。

 しかしゴールドシップとの新旧菊花賞馬対決を非常に楽しみにしていただけに、今回のトーホウジャッカルのアクシデントと出走回避は本当に残念でならない。

 この対決を見るために日曜日は阪神競馬場に行こうと思っていたのに、この報せを聞いて途端に行く気が失せてしまったぐらいだ(コラコラ)。

 不幸中の幸いというか、怪我の程度が軽そうなのは良かったが・・・。トーホウジャッカルの調整に狂いが生じたのは間違いなく、陣営も今後の立て直しに苦労しそうである。

 今後についてだが、トーホウジャッカルの予後に問題がなければ、直ぐに乗り込みを開始されることだろう。恐らく春の天皇賞が大目標ということに変りはないだろうから、大阪杯あたりで一叩きされるのではなかろうか。

 大阪杯出走ということになると、キズナやイスラボニータ辺りと激突することになり、それはそれで面白そうだが・・・。さすがに2000m戦だとちょっと分が悪そうではある。

 いずれにしても、この春のGⅠ路線を占う上で欠かせない主役の1頭であるトーホウジャッカル。是非ともこのアクシデントを乗り越え、万全の状態で大舞台に参戦してきて欲しいと思う。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ドゥラメンテ 凱旋門賞挑戦について憶測飛び交う

レコードで二冠達成のドゥラメンテ。陣営が凱旋門賞に慎重な理由とは。 http:/ …

豪州遠征中のトーセンスターダム
ワールドエース、トゥザワールド、トーセンスターダムが追い切りを実施 ~2015ジョージライダーS&ランヴェットS~

 現在オーストラリアに遠征中している池江厩舎のワールドエース、トゥザワールド、ト …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

キズナの繋養先は社台スタリオンステーションに。種牡馬入り後も続くライバルとの熱い戦い

右前繋部浅屈腱炎を発症して引退することとなったキズナ。 ファンの多い馬で …

エピファネイアが繋靭帯炎の疑い、宝塚記念を回避

【エピファネイア、左前繫靭帯炎で宝塚記念を回避】 きのう10日(水)の追 …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

トウケイヘイロー引退。種牡馬として父を超える活躍を期待したい

 2013年の札幌記念を5馬身差で圧勝するなど、けれんみの無い逃げで競馬ファンを …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …