馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

      2015/03/30

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎える。

 先陣を切って登場するのが、きさらぎ賞(GⅢ)、チャレンジカップ(GⅢ)と重賞2勝の4歳馬トーセンスターダム

 出走馬中唯一GⅠ勝ちがなく、格的には1番下の存在だが果たしてどのようなレースを見せるのであろうか。

スポンサーリンク

騎乗するトミー・ベリー騎手は相当高く評価

【主催者作成によるトーセンスターダムの紹介動画】

■2015ランヴェットステークス(豪GⅠ)の出走表-おうまのアイコン

 出走7頭中一番格下の筈のトーセンスターダムだが、意外や意外、現地の評価は高いらしい。このレースはハンデ戦なのだが、背負わされる斤量も58.5キロと2番目に重い斤量だし、ブックメーカーの付けたオッズも5倍と、2番人気相当の支持を集めている。

 随分とまた高い評価を受けたものだが、要因としては昨年コーフィールドCを圧勝したアドマイヤラクティの存在と、騎乗する現地トップジョッキーのトミー・ベリー騎手の発言が影響しているのかも知れない。

 昨年のアドマイヤラクティの激走は現地の競馬関係者・ファンに相当インパクトを与えたようで、この路線(中距離以上)では日本馬のレベルは相当高いと思われているようだ。日本では決してトップクラスではなかったアドマイヤラクティが圧勝したことで、日本馬全体の評価がかなり上がったらしい。

 またトーセンスターダムに騎乗するトミー・ベリー騎手も調教に跨ってかなりの手応えを得たようで、現地のマスコミに対し「勝ち負けになる」と豪語しているらしい。そういった要因によって、日本のファンからすれば意外な程の高評価になっているのだろう。

 この高い評価自体は日本の競馬ファンとしてみれば誇らしい気分になり嬉しいものだが、競馬とは必ずしも高い評価が結果に結びつく訳ではなく、またそんな簡単なものでもない。ましてや今回は手探りとも言える海外遠征緒戦。まずは無事に走ってくれば御の字だろう。

 もちろん結果が付いてくれば言うことはない。そこはちょっと期待しつつ、無事に走り終わることをまず第一に願いたいところだ。

 ランヴェットステークスの発走予定時刻は21日の12時30分(日本時間)。

 日本馬の先陣をきるトーセンスターダム。頑張れ!

※なお映像に関してはこちらで見れる・・・かも?(未確認)ニコニコ動画のアカウントを持ってる人は、そっちでも中継があるみたいなので、そちらの方が確実かも知れません。

 - 海外競馬, 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ルルーシュにアクシデント発生。ロイヤルアスコット参戦を回避

英遠征中のルルーシュ(牡7歳、美浦・藤沢和厩舎)は出走予定だった16日のGⅠクイ …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

【プリークネスS】アメリカンファラオが後続をブッチギリ圧勝!37年ぶりの3冠達成に王手

 いやはや・・・、強いねこれは(苦笑)  ケンタッキーダービー(米G1)を完勝し …

エイシンエルヴィンが大金星!エイシン軍団がフランスの地で2日続けての快挙達成

 正直なところ、まさかエイシンエルヴィンまで勝つとは思っていなかった(苦笑)   …

リアルスティールが骨折 程度は軽く秋には復帰へ

 過去に競走馬を鍛え上げることを、刀匠が日本刀を研ぐ様に例えた人がいた。  競走 …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

怪物エイブルフレンドが圧勝で4つ目のG1タイトルを獲得

ABLE FRIEND lands #QueensSilverJubileeCu …

ホエールキャプチャが引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上 …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …