馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

   

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名牝トレヴTreve

 2月に放牧先から厩舎に帰厩してからは、特にこれといった目標レースを定めずにじっくりと調整を重ねられてきた同馬だが、関係者はここに来て態勢は整ったと判断。

 トレヴの馬主であるアルシャカブレーシングのアドバイザーであるハリー・ハーバート氏が9日、5月29日にサンクルー競馬場で行われるコリーダ賞(仏G2)で復帰する予定であることをメディアに対し発表した。

スポンサーリンク

 今年も凱旋門賞制覇を目指す日本馬の前に、最大の障壁として立ちはだかるであろうトレヴ。

 そのトレヴの注目の状態だが、先日行われた追い切りの映像を見る限り順調に仕上がっているようだ。

 さすがに時間をかけてじっくりと乗り込まれてきたこともあり、映像を見る限り馬体はそれほど太め感もなく良い感じに仕上がってきているように見える。もちろんまだ8分程度の仕上がりだと思うが、長いシーズンを考えると復帰初戦はこんなもんでいいだろう。

 おそらく年内に出走するレースは凱旋門賞も含めて4戦程度となるはずで、陣営も凱旋門賞でピークを迎えるように逆算して馬を作っていくはず。極端なことを言えば凱旋門賞以外のレースは全て調整の為にあると考えていても不思議はないだろう。

 去年のトレヴも凱旋門賞を迎えるまではパッとしない成績で、一部には「もうトレヴはピークを過ぎた」という声も上がっていたほどだが、本番ではキッチリと巻き返して見せた。今年も同じような状態になる可能性はあるが、もう騙されないようにしないといけないね(苦笑)

 いずれにしても今年の凱旋門賞戦線もトレヴ中心にまわって行くことは間違いないだろう。まずは29日の復帰戦のレース振りに注目したい。

Treve Has Never Looked Better… - RacingFM

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

トレヴ 凱旋門賞3連覇の夢は潰えたが、その輝きは永遠に色褪せることは無い / 凱旋門賞回顧

Happy Retirement to #Treve A unique …

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

グレンイーグルスが欧州3歳マイル王として君臨 / セントジェームズパレスS回顧

 英愛2000ギニーを完勝したグレンイーグルスGleneagles。仏2000ギ …

ディオスコリダーは7着。ドバイWCデー前哨戦マハブ・アルシマール

※ディオスコリダーはゼッケン番号10番  今年のドバイWCデーに行われる諸競走( …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

トゥザワールドがザBMWに挑む
並み居る強豪を押しのけ堂々たる1番人気!トゥザワールドが悲願のGⅠタイトルを獲得し飛躍の時を迎える

3/28(土)、豪・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われるThe BMW(GⅠ)( …

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …