馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

   

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名牝トレヴTreve

 2月に放牧先から厩舎に帰厩してからは、特にこれといった目標レースを定めずにじっくりと調整を重ねられてきた同馬だが、関係者はここに来て態勢は整ったと判断。

 トレヴの馬主であるアルシャカブレーシングのアドバイザーであるハリー・ハーバート氏が9日、5月29日にサンクルー競馬場で行われるコリーダ賞(仏G2)で復帰する予定であることをメディアに対し発表した。

スポンサーリンク

 今年も凱旋門賞制覇を目指す日本馬の前に、最大の障壁として立ちはだかるであろうトレヴ。

 そのトレヴの注目の状態だが、先日行われた追い切りの映像を見る限り順調に仕上がっているようだ。

 さすがに時間をかけてじっくりと乗り込まれてきたこともあり、映像を見る限り馬体はそれほど太め感もなく良い感じに仕上がってきているように見える。もちろんまだ8分程度の仕上がりだと思うが、長いシーズンを考えると復帰初戦はこんなもんでいいだろう。

 おそらく年内に出走するレースは凱旋門賞も含めて4戦程度となるはずで、陣営も凱旋門賞でピークを迎えるように逆算して馬を作っていくはず。極端なことを言えば凱旋門賞以外のレースは全て調整の為にあると考えていても不思議はないだろう。

 去年のトレヴも凱旋門賞を迎えるまではパッとしない成績で、一部には「もうトレヴはピークを過ぎた」という声も上がっていたほどだが、本番ではキッチリと巻き返して見せた。今年も同じような状態になる可能性はあるが、もう騙されないようにしないといけないね(苦笑)

 いずれにしても今年の凱旋門賞戦線もトレヴ中心にまわって行くことは間違いないだろう。まずは29日の復帰戦のレース振りに注目したい。

Treve Has Never Looked Better… - RacingFM

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
史上初の挑戦!藤沢和雄厩舎の2歳馬がイギリス遠征でデビュー!?

 昨年秋の天皇賞を制したスピルバーグが参戦を予定している、今年のロイヤルアスコッ …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首G …

ゴールデンホーン 天才騎手に導かれ名牝の夢を打ち砕く / 凱旋門賞回顧

 フランキー・デットーリといえば日本の競馬ファンにも良く知られた天才騎手である。 …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

フリーイーグル 未完の大器が遂にビッグタイトルを獲得 / プリンスオブウェールズS

 「凄い馬だと、ダービーを勝てた馬だと2年間言い続けてきた」  「その言葉が正し …