馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ホエールキャプチャが引退

   

ホエールキャプチャ@引退

 2歳時から一線級で走り続け、獲得した重賞タイトルは5勝(内G1・1勝)。積み上げた獲得賞金は5億円を超えるホエールキャプチャ。

 嶋田オーナーの言うとおり、本当に長い間頑張り続けてきた馬だと思う。特に消長の激しい牝馬だから尚更そう思う。

 ホエールキャプチャの名が広く認識された最初のレースといえば、デビュー3戦目に出走した芙蓉ステークスではないだろうか。

 グランプリホースであるドリームジャーニーの弟として、当時注目を集め始めていたオルフェーヴル。のちの3冠馬を真っ向勝負で負かしたそのレース振りにより、この白く可憐な2歳牝馬は多くの競馬ファンの注目を集める存在となる。

スポンサーリンク

 その後も大崩れすることなく順調にキャリアを重ねていったホエールキャプチャ。3歳初戦のクイーンCで重賞初制覇を達成すると、桜花賞2着、オークス3着と世代トップクラスの力量を誇示して好走を重ねる。

 秋はローズSを快勝し秋華賞では3着。G1ではあと一歩足りないところを見せ続けていたホエールキャプチャだが、翌年のヴィクトリアマイルではその勝負弱さを克服し念願のG1初制覇。名実ともに牝馬のトップクラスへと登り詰めた。

 その後も時折スランプなどはあったが、その都度要所要所で立て直し実績を積み重ねてきた同馬。大きな故障もなくここまで走り続けてきたホエールキャプチャは、まさに無事是名馬と言えるのではないだろうか。

 今後は生まれ故郷の千代田牧場にて、繁殖牝馬として第二の馬生をスタートさせることになる同馬。

 時期的に今年種付けするかどうかは正直微妙らしいが、早ければ2018年の夏には同馬の産駒がターフの上を駆けることになる。

 近い将来、母親の面影を感じさせる元気な若駒たちがターフで躍動していることを期待したい。

ホエールキャプチャ引退 12年ヴィクトリアM勝ち馬 - スポーツ報知

 12年ヴィクトリアマイルの勝ち馬ホエールキャプチャ(牝7歳、美浦・田中清厩舎)が現役を引退し、繁殖入りすることが分かった。2日、同馬を所有する嶋田賢オーナーが明らかにした。

 同馬は4月の阪神牝馬S(9着)後、ヴィクトリアマイルに向けて調整中、左前脚に不安を発症。1日に蛯名騎手がまたがって状態を確認したが、無理しない方がいいとの判断で回避を決定。さらに高齢であることを考慮して、田中清調教師と嶋田オーナーが話し合った結果、引退する方向で話がまとまった。

 早ければ、来週末にも故郷である北海道新ひだか町の千代田牧場に戻る予定。配合相手に関しては「繁殖としての体に戻すには時間がかかるため、今年の種付けをするかどうかは今の段階で決められない」と同牧場の飯田正剛社長は話した。

 嶋田賢オーナー「長い期間にわたって、とても頑張ってくれたのでホエールには感謝しています。私の競馬人生で最高の思い出を作ってくれた馬。生まれ故郷に無事に戻って、お母さんとして頑張ってほしい」

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ハープスターが繋靱帯炎を発症。症状は重く引退も視野

ハープスター 右前脚繋靱帯の損傷が判明 http://t.co/dEck …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【速報】リアルインパクト、ワールドエースが出走予定だったドンカスターマイルが中止!月曜日に代替開催の予定

 驚きのニュースが飛び込んできた。  本日、リアルインパクトやワールドエースが出 …

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

The Japanese team is readying themselves …

一緒に放牧されるジェンティルドンナとヴィルシーナ
ジェンティルドンナがキングカメハメハの仔を受胎

投稿 by Northern Horse Park.  昨年の有馬記念を最後に現 …

キズナの繋養先は社台スタリオンステーションに。種牡馬入り後も続くライバルとの熱い戦い

右前繋部浅屈腱炎を発症して引退することとなったキズナ。 ファンの多い馬で …

ホエールキャプチャ オルフェーヴルの子供を無事受胎

 先月現役を引退した2012年のヴィクトリアマイル勝ち馬ホエールキャプチャ。   …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

2014皐月賞@イスラボニータ
重症でなければ良いが・・・。イスラボニータが脚部不安の為に大阪杯を回避、放牧へ

 中山記念で1番人気に支持されるも、伸びを欠き5着に敗れた昨年の皐月賞馬イスラボ …

カネヒキリ種付け中の事故で死す。「不撓不屈」という言葉が相応しい彼の姿を一生忘れない

 ▼“砂のディープインパクト”カネヒキリが死亡 14歳 / 予想王TV  日本の …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …