馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【追記有】ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り!?

   

 正直「もう・・・どっちやねん!」と言いたくなる位の迷走振りである。

 春の天皇賞で浅屈腱不全断裂を発症し、引退したウインバリアシオン。引退を発表した当初からクラブが乗馬入りすると表明したあと、JRAが種牡馬入りすると発表し、それをまたクラブが否定するという良く分からない迷走振りを発揮していた。

 そして今回再度の種牡馬入りのニュース。これは日刊スポーツが報じているようだが、先のグダグダ振りが有った為にいまいち信用しきれないというのが正直なところだ。

 これが事実ならば、おそらくクラブや同馬を生産したノーザンファーム主導の動きではなく、松永師や受け入れ先が積極的に動いた結果だろう。引退発表直後からの松永師のコメントを見ていると、おそらく同師があちこちに種牡馬入りを打診したのかもしれない。

スポンサーリンク

 何はともあれ、晴れて(?)種牡馬入りすることになったウインバリアシオン。同馬のファンはこの報に喜んでいることだろうが、正直今後の同馬の将来を考えると期待はほぼ出来ないだろう。種牡馬入りする先として、青森はほぼ最悪の選択に近い。

 ただでさえ生産頭数の少ない上に、青森で繋養されている上質な牝馬は北海道に運んで種付けすることが殆ど。日高で繋養される以上に配合相手には恵まれない筈だ。正直種牡馬として成功する可能性は皆無に近く、奇跡を望むのに等しいだろう。

 もし失敗すれば乗馬に転向する形になるだろうが、ノーザンホースパークに戻れる可能性は低くなった。あそこより乗馬として待遇の良い場所は現在の日本には無いと思われるので、この選択は正直どうなんだろうと思わざるを得ない。最悪種牡馬引退後に消息不明の可能性も決して低くないはずだ。

 これが個人オーナーの持ち馬ならばある程度は安心できるのだが・・・。種牡馬入りしたあとはクラブも関係を絶つだろうし、ウインバリアシオンの今後は非常に心配でならない。

【追記:12時15分】

 スポーツ報知に詳しい記事が来たので追記する。繋養先は青森県十和田市のスプリングファームとのこと。同牧場のほうからオファーを出したそうだ。

 代表の佐々木氏は「青森の馬産地振興のために期待しています」とコメントしている。是非ともウインバリアシオンの種牡馬生活が成功する様、大変だろうが頑張って欲しい。

 重賞2勝のウインバリアシオン、種牡馬入り - スポーツ報知

2014年の日経賞・G2など重賞2勝を挙げたウインバリアシオン(牡7歳、父ハーツクライ)が21日、青森県十和田市のスプリングファームで種牡馬入りすることが分かった。同馬は今年5月3日の天皇賞・春(12着)のレース中に故障を発症。左前浅屈腱不全断裂の診断され、現役を引退。当初は乗馬になる予定だったが、同牧場のオファーで種牡馬として、第二の人生を歩むことになった。

 同ファームの佐々木代表は「東日本大震災のあった年(11年)のダービーで、オルフェーヴルに続く2着が印象に残っています。青森の馬産地振興のために期待しています」と、東北の星として大きな期待を寄せた。種付けは来年からスタートする予定。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

ハープスター引退。彼女が果たせなかった夢は仔に引き継がれることに

 まぶたを閉じると、彼女が輝きを放った数々のレースが脳裏に蘇ってくる。  今日ま …

ホエールキャプチャ オルフェーヴルの子供を無事受胎

 先月現役を引退した2012年のヴィクトリアマイル勝ち馬ホエールキャプチャ。   …

妊娠することにより競走能力が向上!?まれに聞く受胎した牝馬が大レースで好走する理由が判明

 まれにお腹に子供を宿したまま大レースを優勝した牝馬の話題が、海の向こうから届く …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …

豪州遠征中のトーセンスターダム
ワールドエース、トゥザワールド、トーセンスターダムが追い切りを実施 ~2015ジョージライダーS&ランヴェットS~

 現在オーストラリアに遠征中している池江厩舎のワールドエース、トゥザワールド、ト …

ビワハイジ
ビワハイジが父オルフェーヴルの牝馬を出産。この仔を最後に繁殖引退の予定

GⅠ6勝の名牝ブエナビスタや阪神JFの勝馬ジョワドヴィーヴルの母として知られるビ …

一緒に放牧されるジェンティルドンナとヴィルシーナ
ジェンティルドンナがキングカメハメハの仔を受胎

投稿 by Northern Horse Park.  昨年の有馬記念を最後に現 …

乗馬転向は撤回!?ウインバリアシオンが種牡馬入りする予定であることをJRAが発表

 ウインバリアシオンを愛するファンの気持ちが、オーナーサイドに届いたのだろうか? …

勝利よりも折り合い、レース内容を優先する日本人騎手たち。それを評価する競馬サークル

 今回オークスの回顧記事を書くためにレースを振り返って思ったことは、「レースにお …

トゥザワールドが屈腱炎を発症、引退の可能性も

 何とも残念なニュースが飛び込んできた。  昨年の皐月賞で2着、日本ダービーで5 …